スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤンマガ・ホリック語り 128回

今日はヤンマガ発売日。
ホリックも載ってましたよー。

そんな訳でホリック語り128回
 ↓

扉が開いた、入ってくる正体は?

ん?
女性じゃないですか!?
もうワタクシは男とばかり思い込んでいたよ。

まぁ四月一日もなんか拍子抜けなんだろうか?
意外そうだ。

しかもその女性やけに挙動不審なんですけど、
やはり様子を伺っている様子。

ふむ、少女に気付かれないようにといった感じじゃない。
何かいないかと怖がっている感じだ。

その女性の足音に怖がる少女。
変ですね、女性に怖がっているんじゃなくて足音に怖がっている。

そして少女が思わず鈴を踏んでしまって音が鳴る。
すると女性が驚いて転ぶ。
女性は鈴の音に恐怖し、少女は女性が転んだ音で恐怖する。

なんかおかしくね?w
とりあえず、二人とも音に恐怖してる。
そしてお互いが見えていない。
さらに鈴の音で女性が悲鳴、女性が動いた音でさらに少女が悲鳴。
わけわからんw

最初女性は鈴の音に弱いアヤカシかなんかかと思ったんだが。

二人とも逃げ出そうと、扉へ同時に。
当然ぶつかるというか触れるんだけど、
お互いに触れた事に恐怖。
やっぱり見えてないね。

少女は鈴が役に立たないと怒っているが、
女性は「お母さん、やっぱりヘン、何かいる」と言う。

なんとなく話が見えてきた。
更に言うなら、お互い見えていない上に声も聞こえていない。
わかるのは音だけ。
ようするにどちらかが、この世の存在じゃないって事だろうな。

そしてとどめに鈴の音に女性が言う。
「明日、本当に御祓いきてくれるんでしょうね!」と。

なるほどな、どう見ても女性がこの部屋の持ち主だね。
そしてお母さんに、話しかけていると。
でもこの時点じゃまだわからない。
もしかしたらやはり女性がアヤカシかなんかで、
自分の事を気付いていないのかもしれない。
とも思ったんですが。

この状況を見ていた四月一日も唖然だ。
そして目が覚める。

うはw

遙さん出番なしですか?!w

朝ひまわりちゃんにおはようと声をかけられる、が、
少し浮かない感じで返事。
そして四月一日はひまわりちゃんに少女の事で話かける。

窓の外を指差し、四月一日が見るその少女を確認しながら。
だがひまわりちゃんの反応は、その子はいないと言う。

ここまでくればさすがに予想通りの展開か。
まぁまず先日四月一日は同じ子を見て話をしていたと思っていたのだが、
実はその時もひまわりちゃんにはその子は見えていない。
ひまわりちゃんは別の子をそうだと思っていた。

少女は髪が少し長い。
だけどひまわりちゃんの見ていた子は髪が短いという。

四月一日も確信したようだ。

ワタクシも確信しましたよw

四月一日が侑子さんに確認する。
侑子さんはあの子はもう来ないと言う。
祓うって言っていたなら、と。

少女こそが、その場に居てはいけないもの。

ようするに鈴は早く家の人に気付かせるためのもの。
それはなんの為か。
少女の存在を気付く事ができれば、対処するから。
そしてその対処とは御祓い。
少女は家から出される。

それは少女が家から出されれば怖くない、という事。

とりあえずこの展開は全く読めなかった。
さすがに少女の方がそういう存在だとは。

まぁワタクシの解釈であっているといえば、
その言葉の受け取り方か。

侑子さんはやはり「家が怖くなくなる事」をその言葉通りに解釈している。
ようするに結果だけを求める方法をとった。
おそらく少女はこの形での結果を望んでいた訳ではないだろう。
だが結果だけ見れば、願いは叶った事になるのだろう。

まず少女は自分の事を理解していないようだし。
自分が祓われる事になるなんて思っていない。
だからその言葉に含まれる願いは違うとも言える。
だが本人の解釈だけが願いとも限らない、と。

そんなちょっとした裏を突いた感じ。
ホリックらしいと言えば、ホリックらしいw

しかし今回の展開全く読めなかったんですけど、
さすがは見せ方がうまいと言うか。
活字だけじゃなくて、絵で見せるトリックみたいなのに引っかかったw

まぁある意味ワタクシも四月一日の目線で見ていて、
ひまわりちゃんの目線では見ていなかった。

しかしひまわりちゃんにはこの少女が最初から見えていないんだけど、
百目鬼には見えていたはずなんだ。
最初少女が店に来た時、百目鬼はあの制服うちの学校か、と、
四月一日に聞いている。
それは間違いなく見えているという事なんだけど、
そこにも限られた条件なんかがありそうだ。

それは店の中だったからではないだろうか?

ようするに店の中であればひまわりちゃんにも見えていたかもしれない。
なんせ、普通の人には見えない店でもあるしなw

まぁだから外で見えるのは四月一日のみと。
四月一日もちろんその手のものが見えますからw

ただ普段から普通に見えるから、反対に気付けなかったんだろう。
ここらへンが四月一日の不幸かもしれんね。

しかし少女がそういった存在なら夢を渡ってきたからと言っても、
四月一日達が見えないというのも違うように思うが、
まぁその辺りは気にしたら負けなんだろうw

しかし今回種明かし編なんで、語る事ないんだよねw
まぁ予想通り、ハッピーじゃなかった訳ですしw

それにしても侑子さんはわかっててこの手段を選んだんだよな。
さすがは侑子さんなんだけど、
もしこの少女があのような非常識な対応の子じゃなかったら、
手段はまた別のものだった気がする。

まぁだからこその結果で対価もおしおきみたいなもんかね。

やはり久々のホリックワールドでしたなw
  1. 2007/01/29(月) 21:19:32|
  2. xxxHOLiC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マガジン・ツバサ語り Chapitre 138 語り継ぐ血筋 | ホーム | 黒い薔薇にはトゲがある>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goworks.blog89.fc2.com/tb.php/10-358afbac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。