スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マガジン・ツバサ語り Chapitre 155 禍々しき双子

はい先週のマガジン・ツバサ語りです。
遅れてごめんなさいです。

今回は完全にファイの過去話。
それ以外はない。
現在のキャラもファイともう一人以外は全く出てこないからねーw
でもファイのファンにはやっときたというところか。
ファイの過去がやっとわかる。
いやファイは謎が多すぎたというか、謎だらけで明かされている事自体が、
ほとんどなかったからな。

そんなファイのファンの為の話と言っても過言ではない、
今日のマガジン・ツバサ語りいきます。
ちなみに今回は相当文章gdgdなんでお許しを。

Chapitre 155 禍々しき双子
 ↓

扉絵

あ、ここだけファイ以外だったわw
チィとフレイヤ(ちぃ)?
タイトルとも少しかけてあるように思えますね。

しかし、こないだちょびっツについて少し語りましたけど、
ちょびっツ読みなおしたばかりで、ちぃがほんとかわいくて、
これ見て、やっぱりちぃかわいいな!
とか思っているダメ人間です orz

そう言えば少し思ったんだけど、
次元を渡ったサクラちゃんと一緒にチィ達も一緒に次元移動したと思うんだけど、
出てこない・・・
どこにいったのかしら?

本編

前置きでも書いたけど、今回は全編にわたりファイの過去話。
そしてもう一人の事も明かされる。

ファイと対峙するもう一人
もう一人はファイを指差し

オマエガコロシタ

と。
誰を殺したのだ?
もう一人の事か?
だが目の前にいる。
目の前にいるのはいったい誰だ?

過去に飛ぶ

まだ痩せこけてはいないファイ?
ファイともう一人は双子だった。
しかもヴァレリア国という国の皇子だった。

まぁ双子と言うのは予想出来る範囲内か。
だけど実は皇子だったとは、ちょっとびっくり。
確かに並外れた魔力の持ち主ではあったが、
魔力などは皇子とかそういうのには結びつかないし、
元々何も語られていなかったからね。

本来なら望まれて生まれてくるはずだったが、双子であった事が全てを変えた。
ファイの父上は弟王だったようだ。
だが語られ方から見ると、兄王がその時の王であったようだが、
国の跡取は弟王の子だったのだろう。
だから国そのものが期待していた皇子の誕生に何があったのか。

双子であった事。
この国では双子は凶兆なようだ。
双子の皇子が生まれ、しばらくして弟王が突然の病で病死。
母である弟王の御妃が双子を生んでしまった事、その為に起こる不幸や厄災に心を病んだ為か、
自殺を。
作物が育たない、水が濁る。
次々と起こる不幸。

その為双子の皇子は祝福される事がない。

なんと不幸な。
まずはこの国に起こる不幸の連続だが、本当に双子の皇子のせいなのだろうか?
ただその時不幸が重なっただけではないだろうか?
いやそれは偶然と呼ぶのであって、ホリックと繋がるこの全ての世界に偶然はない。
必然だけである。
となるとふの双子にはこのような不幸を受けてしまう何かがあったという事だろうか。
もしこの不幸の原因が双子ではなかったとすれば、あまりにも酷い。
まず実の父が母が死ぬ事、それは親を幼くして亡くす事がどれだけ辛い事か。
それを自分達のせいだと言われる事。
この双子は生まれて幸せなどなかったのではないだろうか・・・

だがやはり原因であったのかもしれない。
それが飛王も言う、セレスでなければ起こらない呪いなのかもしれない。
前話で双子のもう一人が生きていたとなるならば、
双子が揃う事によって不幸が起こる。
それこそ呪い。
そういう事かもしれない。
ただ本当にそれが呪いだとして、不幸の原因だったとするなら、
それは双子にとって偶然より辛い事である。
自らの呪いによって両親を失い、国を不幸にする。
しかもこんな幼い心にそれが突き刺さる。
こんな酷い事はないだろう。

だが確かに世の中どこかで不幸があって、それを知らずに生きている人がたくさんいる。
それは一つじゃなくて、そこかしこにあって、
もっと辛い事や酷い事があったりもするのだろう。
それが悪い訳ではなくて、どうしても起こってしまう現実。
誰かが望んだわけではなくても起こってしまう不幸。
その一つの中にファイ達がいたという事かもしれない。

そして双子にはもう一つ問題があった。
それは魔力。
まだ小さいその時既に、二人あわせれば皇に次ぐ魔力の持ち主であった。
確かに二人あわせればなのだが、それは単独でも相当なものである事は間違いない。
ここでファイの国は元々魔力というものが存在する世界だったという事がわかる。
その国に生まれた皇子で魔力も絶大な存在。
そんな存在だったファイだから、あれだけの魔力の持ち主だった訳だ。
もちろん小さい頃既にそれだけの魔力だ。
成長すれば皇をも越えるかもしれないと思われるのだが、
それが更に双子に不幸をもたらす事になる。

大きくなり魔力も大きくなる、それが国を滅ぼす事に繋がると考えられた。

まさに生まれた不幸なのかもしれない。
確かにそれだけの魔力を持っている時点で恐れられる対象になるだろうからね。
さらに成長すればと考えるのは自然な流れだろう。

まぁこういった国の考える事だから、その元凶は絶てばいいと考えるのも、
自然だろうな。
だがここで一つそうは簡単にいかない理由があったようだ。
それが殺せば、更に厄災が増す、と。
んー、これは本当にそうなのかどうかがわからない。
ただの迷信に従っているだけのような気もするのだが、
皇自身相当な魔力の持ち主で、双子に限らず魔力に優れた人材は他にもいただろうから、
それが迷信だとかではなく、実際に未来を詠む事で得たものかもしれない。
大人の都合で全てを負わされただけとも言い難いと思うのです。
事実を知るだけの力を持つ国であったのではと。

そこで国(皇)の判断は双子を閉じ込める事。
双子に全ての厄災を負わせ、その体に不幸を封じる。
単純に言えば人柱である。
これこそ大人の勝手な都合というものだが、
切羽詰っていたのも確かだろう。

ファイ達双子は、双子であるだけで不幸だという事だが、
さらに魔力が強大な事から長命なのだという。
まぁ長命であるという事はそれだけ不幸を招く時間も長くなるという事になるから、
国が滅ぶ事になっても不思議ではないかもしれない。

そして生まれてきた不幸。

先にも生まれた事が不幸なのかもと少し書いたが、
生まれてくる事が不幸なんて本当はあってはいけない。
よく言われる例えだが、
人は何の為に生まれてくるのか?

幸せになるために生まれてくるんだよ

と。
ワタクシもそう思う。
ファイ達双子だってそうだ。
幸せになるために生まれてきたに違いない。
双子とかそんな事関係ない。
どんな理由があろうと、呪いがあろうと、幸せになる権利はあるんだ。
だから、やはりこの皇達の考えは絶対間違っている。

だが、皇や国という立場から考えれば、
一人いや二人の事よりも民や多くの人々を優先させなければいけない事もあるだろう。

それを考えれば、辛いところなのだが。

ここで少し話を変える。
ちょっと思っていたのだけど、ファイには今回アシュラ王大きく関係してくる。
となると聖伝のキャラクターがまだ出てきてもいいんじゃないかと思ったんだけど、
そこでファイの国の皇なんだけど、
顔が描かれていないので誰とかはないと思うんだけど、
ちょっと増長天に似てる気がするww
いや年齢的に全然違うと考えるところなんだけど、
増長天が年をとり老けたらこんな感じじゃないかなぁ、とww
ちょっと思っただけですよw

戻しますw

双子に不幸の全てを負わせる。
それは双子が不幸になればなるほど反対に国が栄えるという。
ようするに国起こるはずの不幸も含めて全て双子が背負うから、
国には不幸がなくなると。
まぁ正直外道な考え方だよなぁ。
だけどこれが国が決めた双子の処遇。

そしてこれは呪いだという。

ようするにこの双子の呪いは皇によってかけられたものなのか?
だとすると今まで起こった不幸は呪いによるものじゃないという事か?

そして双子はそのために特殊な谷へと行く事になる。
そこは魔力が効かない。
そりゃただでさえ魔力が大きいのだから、出る事もできるようになるかもしれないからね。
魔力が使えないようにするのは当然だろう。
そして刻の流れが違うという。
それは現実よりも時間の流れが遅いのかね。
まぁ早い事はないだろう。
なぜそう思うかと言えば、双子が不幸になれば国が栄えるのなら、
その時間は長い方がいいからだ。
ただでさえ長命で、さらに時間の流れが遅いとなれば現実よりもはるか長い時間不幸を背負い続ける事ができるのだろうから。
でもそれは人して許される考えじゃないんだよな。

双子が生きて不幸でいる事が皆の幸せ

人を不幸にしているだけでなく、それをいつまでも続くようになんて考え、
良心ってもんがないとしか思えないわな。

ここでワタクシみたいな甘い考えのもんが思うのは、
やはり民を捨ててでも個人を優先するってやつですな。
まぁそれもはっきり言って間違いですww
でもなんか惹かれるものがあるのも間違いないんですよw

まぁファイのファンの方なら、全ての民とファイを天秤にかけたらきっと、
ファイなんだろうなwwww、とwwww
そういう感じ(イミフwww

そしてこの谷、まぁ穴に見えるが、大きな谷の中に塔がある。
以前の双子が途上した時の状況がなんとなくわかってきた。
一人は塔の中だけど一人は塔のある谷の中。
それぞれ別に閉じ込められてた事になる。
谷は罪人の捨て場らしい。
罪を犯したものは朽ちる事無く、存在させられる。
双子は完全に罪人扱いなのだ。

しかし何度も書いてるけど、双子は何もしていない。
確かに不幸にしてしまう体質はある。
ホリックのひまわりちゃん然り。
だがそれは罪ではない。
本人が望んだ訳ではない。
双子はいったいなんの罪を犯したというのだ・・・

だがここで皇は一つだけ回避する方法を伝える。
もしその谷へ行くのがいやなら選べと。

それはお互いがどちらかを殺す事。

自らの手で一人になれば、不幸が増す事はないという事か。
一人になれば双子の不幸はなくなる、と。

しかしこれはこれで残酷だわな。
こんな幼い子供に命の選択を迫るのだ。
ほんとにこの双子にはどこまでも残酷な道しか存在しないのか。

その選択にお互いの顔を見つめる双子。

とりあえず、ここの双子の表情はいろんな意味でやばそうだな!!w

全国10万人のファイ党のみなさん、とりあえず卒倒してんじゃね?ww

たぶん、
かわえぇぇえええぇえええ!!!!
とか言ってると予想してみる(ぉ

ファイのちっちゃい頃の幼顔!!
もう何人昇天したんだろうか!?

し・か・も・!!!!!!

ここまで描かれてういなかったんだけど、

おてて繋いでるぅぅぅぅぅぅ!!!wwwwww

うはw
こいつはまた大変な事になってそうだぞ!
ファイのファンの方、生きてるだろうか・・・w

でも、そんな穏やかな場面でもないんですよね。
皇の問いにお互いの顔を見つめるだけで、答えない。
それは谷への道を選んだという事。
この時の表情から二人の絆は強いものだったのだろう、と思う。
そして谷へ行く事に恐怖を感じているようには見えない。
小さくして強い心を持っていたんだな。
でないと、これだけの辛い出来事に襲われて、正気でいられる訳もないだろうしな。

そして皇の最後の決断。
双子を谷へ。
世界が滅ぶまで出してはならぬ、と。
ようするにそれくらい長い時間在り続ける事を決められた訳だ。
はっきり言って、どれだけ強い人間であったとしても正気でいられるはずがないだろう。
だからあの時ファイは選んでしまったのだと思う。

最初二人で選んだ道だが、いつ終わるかわからないその道と時間は、
その心を蝕むには十分すぎるものだっただろう。

その谷に生きているものは二人だけ。
そうファイともう一人。
そしてもう一人はあきらめていなかった。
そう、民のために命を捧げるなんてつもりでここにきたわけではない。
いかなる理由があろうと、自分の生きる道は自分で決める。
そんな意思が感じられる。
もう一人は谷から出ようと死人を積み上げて壁を登ろうとする。
もう一人は出れば魔力が使える事と成長出来る事によってその魔力が大きくなる事が、
他の国へ行く事ができるようになると考えている。
そう、まずは外へ出なければならない。
外へ出なければ成長できない。
魔力を成長させ使う事もできない。
そしてもう一人は他の国へ一人で行くつもりではない。
そう、二人で。

ファイと一緒に。

もう一人は名前を呼ぶ。
ファイ
と。
その声に党の窓から見ていたファイは弱々しく答える。

ユゥイ

と。
もう一人の名前。

ここでやっと明らかになったもう一人の名前。
ユゥイ。

アシュラ王のそばにいたのはやはりユゥイなのだろうかね?
だとは思うのだが、ちょっと気になる事がある。

この時ファイより明らかにユゥイの方が生きようとする意思が強い。
ファイはどこか弱気だ。
理由はわからないが、ユゥイはファイと一緒に他の国へ出ようと、
その想いだけで頑張っている。
だがファイはどう考えていたのだろうか?
二人の想いが一つなら、その想いが強ければ、
そんな風に思えてくる状況だ。
だからファイのあの時の選択がファイを苦しめ、
そしてユゥイには信じていたたった一人に裏切られたという事になるのかもしれない。
想いが強ければ、その反動は大きい。
ユゥイはファイを許せない存在としてしまったのだろうか?
そんな風にアシュラ王の横にいる様子を見ると思ってしまう。

そしてユゥイがあがいているそんな中、谷へ大量の人が落されてくる。
この谷は罪人の来る場所。
ようするにそれだけ大量の罪人が出たという事だ。
そんな状況は普通では考えにくい。
何かあったのかと考えるユゥイ。

やはり国に何か起こったのだろう。
ファイとユゥイが不幸を背負う事で栄えるはずの国で。

とりあえず今回の話はファイの過去だが、
それはファイの謎を解く事になるはずなのに、
はっきり言って謎が増えまくりですww
確かにいくつかの疑問や謎は解けてますけど、
それはファイが謎ばかりだっただけであって、
ほんの一部がわかったにすぎない。
そこに謎が増えまくって、未だに謎の塊ですw
んー、ちょっと謎多すぎて考えもまとまらないね。
ってか、謎そのものがどれだけあるかもまとまらないww
とりあえずまだ過去話は続きそうですな。

ファイ党な人はしばらく大変そうだなぁwww
卒倒するくらいで済めばいいけどね!
いい方向でもうひょー!
悪い方向でうきー!
そんな感じですかね?w
頑張って下さい(ぉ
  1. 2007/06/12(火) 20:16:44|
  2. ツバサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ヤンマガ・ホリック語り 137回 | ホーム | 半分はやさしさで(ry>>

コメント

ふたごっ!!

きゃぁーーー!!
マジですか!ファイって双子なんですか!!!

ううおぉぉう!!ファイ好き度3段階アップーーー!!!(落ち着け!!
マガジン立ち読みしてこなきゃ!!!(買えよ……!!
10万1人目のファイファンとして今日からデビューしたいと思いますっ!

ホリック(特に小羽ちゃん)も気になりますが、ツバサもかなり気になるところに来てますねww
次回のネタバレも楽しみにしてますww
  1. 2007/06/13(水) 17:46:14 |
  2. URL |
  3. はちみつハニー #9kA7E2gM
  4. [ 編集]

あぁ、そういや双子好きでしたっけw
ホスト部もそうでしたもんね

でもこの双子はあま~い内容とは言えないかもですよ?w
あ、そこは脳内補完で(マテ

今日マガジン買ってきてるんだけど、次回ってのは今日の分なんだよねw
まだ読んでないんですけどね(ぉ

ツバサはファイのファンが多いように思うのですよ
10万人じゃ少なかったかもしれんなぁw
  1. 2007/06/13(水) 19:58:44 |
  2. URL |
  3. 紫樹 #8Zcb/IVM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goworks.blog89.fc2.com/tb.php/113-c7b16d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。