スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第20話「無限の欲望」

盛り上がってキタ!
鳥肌立ちまくり。

やべー、まじ楽しいw

なんか作画すげーwww

みんなえらい男前です!

いや、もともとなのはさんは男前だけど、そうじゃないんだw
もうね見た目がハンサムなんだよ!
まゆがキリっとしててw
しかもみんながww
こんな作画は初めてじゃないか?

独特なタッチなんだけど、オレは好きだ。

しかも男前だけなじゃくて、デレもあるんだよ!w
なかなかに侮れないぜ。


今回はもうなのは全開だよ!
フェイトちゃんも含めて、なのはだよ。
もうなのはオンステージ状態。

これは熱い!

魔法少女アニメだが熱い!
萌えるが燃えるんだよ!!w

多分みんなが求めていたなのはがここにいると思うんだ。

なのはの一言が。
なのはの動作一つが。
もうね、なのはが動くたびに濡れ濡れだよ!!(ぉ

20話は全体的に説明ちっくな内容なんだけど、見せ場は多い。

つーかね、

なのはとフェイト見てるとニヤニヤが止まらないwwww

この二人の存在感はスバルやティアじゃ、絶対追い越せないね。

それにしても、毎回毎回期待以上の展開だわ。
序盤のぬるさが余計にそれを惹き立てているのかもね。


当然今回も、もちろんネタバレなの!
そして、また長いの!

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第20話 無限の欲望
 ↓



さて語りはフェイトちゃん。

スカリエッティの事。
結構音声や映像は残っているらしい。
意外に目立ちたがりかね?w

でも実際に人前には出てない。
逮捕暦もないと。

よくまぁこれだけ裏の世界でのみ生きてきて、
ここまで大きな事を起こせるよなぁ。
しかも逮捕されないとか、相当なもんだ。

好きにはなれんが、すごいやつであるのも確か。


浮かび上がる聖王のゆりかご。
その映像を見る聖王教会のカリムと偉い人達?
いや、とりあえずその仮面の人何?www
すげー怪しいだろ!

まぁ偉い人達なのは間違いなさそう。
実際この巨大船の正体を知っているようだしね。

シャッハもカリムに確認しているが、
預言書にもあった内容と一致する。

古代ベルカ時代の究極の質量兵器。

魔法兵器じゃないんだ。
質量兵器は禁止されているが、ちょっとした規模じゃないから、
相当やばいな。
質量兵器に対抗する術を持っているのか?

とりあえず、レーザーとかミサイルとか出るのかね?w
ってかオレの解釈間違ってる?w

とにかくこんなものが残っていたってのが問題だよな。

なんだけど、それよりも気になるんですよ!

おい、ヴェロッサ!
シャッハをお姫様だっこですか!?w

なんか、そういうのをイメージしてないキャラだったから、
すげー萌えるんですけど!
シャッハすげー好きになってきたww

ビバ!オンザマユゲ!!w


カリムとハヤテの通信。

カリムは預言書の解釈が不十分だった事を教会・自分のせいだと言うが。

はやても言っているが、未来なんてわからないのが普通。
預言書がちょっとしたヒントになるのだろうけど、
全てを把握して誘導するなんて無理だ。

当然本人達は責任を感じてしまうところかもしれないが、
誰の責任でもないわな。

元々預言書が作成出来るなんて事自体特殊だし、
普通はそれもないだろうからね。
予測もできないはずだから。

だからはやては気持ちを切り替えるのが早い。
次の対策をどうするか。

そこにクロノからの通信。
本局はゆりかごを極めて危険度の高いロストロギアと認定。
次元航行部隊の艦隊は既に動き始めている。

ってか多いな!
今までだと艦船一隻だけの状態ばかりだったからな。
これだけの、しかも新造戦艦の艦隊かよ!w
確かに世界の危機ともいえるからな。
その対応は、全戦力投入クラスか。

さすがにロストロギ認定だと本局の動きも早い。
地上部隊と協力して事態にあたるらしいが、
ここまで事態が大きくなれば、地上部隊も独自で解決とか言えないわな。
ってか正直言って地上部隊じゃ、なにもできんだろう。

当然六課も動く。
地上部隊としてか、地上部隊との協力で動くという事か。


そしてナンバーズ。
ウーノは器とゆりかごが安定状態に入ったという。
ヴィヴィオはショックで気を失ってしまったか?

泣き叫んでいた状態だと、やはり影響があったのかな。

まず、クアットロとディエチはウーノと交代するらしい。
となるとヴィヴィオの側にいる事になるのが、まためがねかよ。
って事は、なのはとぶつかる可能性が高いのもこの二人か。

ってか、なのはの餌食?w

まぁクアットロはなのはさんにぶっ飛ばされるといいと思うよ!

トーレとセッテとセインはスカリエッティの警護。
フェイトちゃんの相手はやはりトーレとセッテか。
次ぎ会うときは、勝てないと言った事が甘かった事を知るだろうよ。
って感じなのを希望w

ただセインがいるのが気になるなぁ。
なんせインチキだしよ(ぉ

ノーヴェとウェンディと、そして13番目と。

うはwギン姉13番目扱いですか!?

ってかせめて13番とか言わずトレディチとか、そんな感じで読んでくれよw
でも完全にナンバーズ化か。
記憶を封じられているのか、それとも洗脳か。
とにかくスバルと戦うのは必至。
ノーヴェもいるしな。
ギン姉を助ける鍵は、やはり記憶の回復かな。

そしてゆりかごが完全浮上して主砲が撃てる位置。
地上が狙える位置までくれば、無敵だと。

主砲ってのがわかりやすいなぁ。

とりあえずディエチの砲撃でもSクラス相当とか出せるんだから、
撃たれれば防げるレベルではないだろうなぁ。
それが地上を狙うとなると、まさに滅びの一撃だな。

地上全てが人質。
その状況なら本局の主力艦隊とでもわたりあえると。
まぁ今更だけど、人質ってほんと悪役だねぇw
非人道的手段全開。

でもさすがにそれくらいのハンデがなければ、
本局主力艦隊は止められないって事でもあるよな。
やはり本局の主力はハンパねーw


そして、ウェンディが一つ疑問を。
質問とも言うけどw

聖王の器って言う女の子、まぁヴィヴィオだね、
ってのは

ぶっちゃけ何?

ぶっちゃけ言うな!w

しかも、まじぶっちゃけだなw
確かにいい質問かもね。


ここからしばらく説明タイムw

スカリエッティが説明に入りますw
つーか、ここのスカリエッティもまたハンサムだな!

10年ほど前、聖王教会にある司祭がいた。
聖遺物管理者だった。
聖遺物とは、聖王教会の信仰対象、古代ベルカ時代の聖なる王様。
その聖王陛下の持ち物や、遺骨など。

だが、ある女性にたぶらかされて、管理するはずの彼は、
それに手を出してしまった。
そこにあった、わずかな聖王の血液から、遺伝子情報が取り出され、
そこから聖王の遺伝子を継ぐ存在を作った、と。

それがヴィヴィオって事か。
ようするにヴィヴィオは聖王の子孫になるのか。
まぁ遺伝子のみを引き継ぐ、人造魔導師としてになるんだが。
でもそうだとしたら、聖王教会としてはヴィヴィオは教会をあげて、
保護する対象になるんじゃないのかね。
その生まれは教会の望んだ流れではなかったとしてもね。

しかも、教会の不祥事によって生まれた訳でもあるんだしね。

それにしても、これを聞いてると、
今回の事件の原因は教会って事になるんじゃないのかね?
もちろん計画したのはスカリエッティだろうけど、
教会の司祭がしっかりしてれば、こんな事は起こらなかったはず。

となると、教会にも結構な責任があるよな。
これはカリムの預言書の解釈がどうのこうのではなくて、
教会として守るべきを守れなかった事の責任ね。

聖王の器を探していた理由は、
生きている聖王は、ゆりかごの起動キーなのだという事。

ようするに古代ベルカ時代、聖王はこのゆりかごを操り、
世界を支配していたってところか。

そしてやはりヴィヴィオの事をスカリエッティはただの道具としてしか思っていない。
聖王のゆりかごさえ起動できればいいだけの鍵として。


そして今度はセインの質問。
手を上げて質問とか、学級会みたいだww

レジアスと最高評議会とのからみ。
評議会がやはりクライアントだった。

ガジェットの量産や人造魔導師計画の支援。
そしてゼストやルーお嬢の発注も。
ようするにゼストとルーお嬢はスカリエッティによって創られたって事か。

レジアスはどうでもいいような言い方が笑える。

クライアントとなるからには当然思惑はあるはず。

レジアスも評議会も根本的な思いは一緒。
地上と次元世界の平和と安全。
その思いは非常に正しいだろうし、誰もが願う事だが、
ここに間違った道を選んでいる。

レジアスは頓挫させられた戦闘機人にこだわり、
評議会は人造魔導師とレリックウェポンにこだわった。

それははっきり言って、傲慢。

世界の平和と安全の為なら、罪のない人々に犠牲が出てもいいという考え。

そんな犠牲の上に成り立つ平和など、本当の平和ではない。
その平和と安全への思いは評価できるが、
その為に行っている事は最低である。

レジアスははやての事、そしてグレアムの事を犯罪者と言って嫌っている。
だがグレアムとレジアスのした事にどう違いがある?
グレアムも闇の書によって生まれる不幸を断ち切ろうと、
はやてを犠牲にその存在の封印を計画した。
思いはやはり平和と安全だろう。

レジアスもそれと同じ事をしている。
なのに、グレアムを犯罪者だとあのような暴言を吐く。
自分の事は棚に上げてだ。

レジアスも同様、犯罪者ではないか。
犯罪者スカリエッティの力を求め、力を貸し自分のエゴで物事を進めた。
犯罪者が他の人を犯罪者だと偉そうにしているのは非常にむかつくね。

しかも規模で言えば、はっきり言ってレジアスの方が遥かに大きい。
今世界が危険に晒されている。
これはレジアスを含めた人間が引き起こしたようなもの。
スカリエッティという次元犯罪者の力を利用しようとした、浅はかな考えから起きた事。

レジアスは自分が他人を犯罪者と偉そうに言っていた事を悔やむべきだね。
同じ立場になって、犯罪者と呼ばれる事がどれだけ苦しい事か身をもって知れ。

平和を安全を願う気持ちからだとしても、
レジアスの考え方だと、罪が消える訳でもなければ、許される訳でもないのだから。
長い年月たまたま犯罪者だと気付かれなかっただけ。

まぁそのレジアスも正気ではないような雰囲気だが。
とりあえず前回から、まったくポーズ変わってねぇしww
動けよw

レジアスもこれで終わりか。
それとも最後に一騒動、大迷惑なやつ起こしてくれるのかね?


そんなスカリエッティの話をよくわからないと、
セインとウェンディの二人。

あほの子2人www

ウェンディは結構好きなんだけど、
セインはあのISのせいで嫌いなはずなんだが、
今回の会話とあほっぷりで、ちょっと嫌いじゃなくなってきたw

セインは今回の事、スポンサーである評議会を無視して起こしている事から、
怒られるのではと心配している。

まぁ普通怒られるわな。
しかも怒られるとかのレベルじゃねぇわなw

だがスカリエッティはそうならないように対策をしていると言う。
スカリエッティは先手を打ってるって事だな。
まぁそうなると、評議会を襲撃もしくは脅迫ってとこか?
とりあえず穏便な形じゃないだろう。
スカリエッティにすれば、評議会も既に用無しってところだろうしな。

そして、やっぱりスカリエッティの言う事がよくわからん、とアホの子2人ww
質問はするけど、わからんで終わるのなww

わからいけど、自分達には夢や希望がある訳でもない。
生みの親であるスカリエッティの言う通りに動くだけだから、と。

やりたい事がある訳ではないけど、スカリエッティの期待に応える事が、
ナンバーズにとって使命であり、望みとも言えるんじゃないかな。
夢や希望がないといっても、スカリエッティの夢が叶う事が、
ナンバーズにとっても嬉しいのだろうしね。

でもギン姉は違うよなぁ。
全く言葉も発しないし、話に耳を傾ける様子もない。
完全に命令にのみ動くような感じ。
感情や記憶がないというのは、なんだかやばい雰囲気だよなぁ。

そしてセインが一つ気付いた事がある。
というか、また疑問なのだが。

司祭をたぶらかした女性。
何者?

いいところに気付いていると思うんだけどね。
ただ、正体ははっきりしない。
だが、ここで予想されるのはやはり2番目だよな。
つーか、偉い綺麗な人なんですけど!
ナンバーズの2番目、ドゥーエなんじゃないかなぁって感じですよな。
でもそうなると10年前からナンバーズは存在していて、
ずっと動いてきたって事になるよな。

でもナンバーズであるセインも知らないってのが気になる。
他のメンバーも知らないみたいだし、違うのか?
10年前とか、おそらくセインにしても他のナンバーズにしても、
まだいなかった頃だろうから、
既に外で動いていたドゥーエ自体を知らない可能性もあるよな。
もちろんウーノは知っているはず。
ウーノはドゥーエが任務中であると口にしているしね。


そして最高評議会

やっぱりエヴァ?w
スカリエッティと繋がっていたのはこれで間違いない。
そして未だにスカリエッティを利用としている。
ほんと救えない。
まだなんとかできるという考えが甘い。
しかも全く罪の意識がないしね。

レジアスの事は完全に駒扱いか。
まぁそんなもんだろうな。
レジアスも気の毒なのかもしれんが、
その事に気付かないというか、気付けない事がなっとらん。
傲慢な考えが、そういった事に気付けなくさせてるんだしな。

ゆりかご自体、評議会が手に入れようとしていたものらしいし、
ろくな事考えちゃいねぇな。

そして評議会の正体が。

うはw
ありきたりだけど、既に脳みそだけじゃん!
旧暦時代に生きていたようだが、こうして裏で評議会として永らえる為に、
肉体を捨て、この状態に自らなったらしい。

しかもスカリエッティの力が惜しいからと、まだ消去しないような事を言ってるし、
極めつけは、自分達がこれからの時代を支配していかねばならんような考え。

最悪ですな。

なんでこういった奴らは自分達がいないとダメだとか、
自分達が見守っているから、みたいな事を言うのだろうか。
確かにやりたい事、やりきる事は難しいし、
やり残した事があるなら、最後までやり遂げたいと思う気持ちは誰だってある。
だけど、その肉体を失っても機械によって生き永らえて、
いつまでも自分達が裏から支配するとか、
自分達が選んだ指導者に導かせるみたいな、
そういったエゴの考えで、物事を進めようとするのかな。

吐き気がする考え方だな。

誰も頼んじゃいないし、みんなどの時も自分の力で生きていくのに。
それがどんな結末を迎えようと、どれだけ苦しい時だろうと。
確かに平和で安全な世界は理想だけど、
支配による世界で作られたものではないはず。

完全な傲慢だし、それはもう平和などではなく、
ただ自分達が世界を支配していたいだけ。

ゼストやルーお嬢の事も評議会が主導の実験だったようだが、
二人とも成功とは言えないようだ。
だがヴィヴィオは完全な成功という事らしい。

生命操作技術と言っているところからも、
ようするに自分達が永遠に生きる方法を作っていたという事か。
そして、自分達が再び肉体を得て、支配していくような筋書きだったのかね。

だが、現在の状況のままでは、もうそうは長くもたないようだ。

そこに現れた一人の女性。
今の状態になった評議会の3人をメンテナンスしている人物らしい。

ゼスト自身も評議会と繋がりがあったようだ。
戦闘機人の情報とルーお嬢の安全を条件に、
なんとか従ってもらっていた感じか。

そんな会話に言葉を挟むその女性。
レジアスや地上本部との連絡を取る役目もあるようだが、
その顔は、聖王教会の司祭をたぶらかしたあの女性。
という事は、ドゥーエかもしれないという事。

となると、今までこの評議会3人のメンテをずっとしてきているのだろうから、
それはスカリエッティの手のひらで泳がされていただけって事になる。
スカリエッティの判断一つで、どうにでもなってしまう状態。

スカリエッティは言っていた。
怒られないように、ちゃんと手はうってある、と。

そういう事なんだろう。


クロノと伝説の3提督の一人であるミゼット。

二人は今回の首謀者について話している。
旧暦の時代、世界をまとめたのは評議会の3人。
そして現役の場を、ミゼットばーちゃん達3人や時空管理局に託した後も、
評議会制を作って、見守ってくれていた。
レジアス中将も、やり方が乱暴な時もあったが、
地上の平和を守ってきた、功労者。

これも確かに事実である。
これだけ聞けば、本当にすばらしい存在なんだが。

いやこれだけで終わっていればだな。

ミゼットは今回の事件に彼らが関わっているとは信じたくはないのだけれど、と。

確かにその実績はすばらしい。
世界の平和を願っていたのも嘘ではないだろう。
ミゼットは人がいいんだな。
それだけの事を今までしてきたのだから、犯罪に手を染めてしまったなんて思いたくはないのだろう。

そう、やはりどう奇麗事を並べても、これは犯罪なのだ。

過去の功績がいくらすばらしくても、決して手を出してはいけなかった。
その思いが間違っていないとしても、やり方は間違っていた。
その結果がこれなのだから。

ミゼットばーちゃんは評議会の事もさすがに詳しいようだな。
あのような状態で生き永らえている事も当然知っているのだろう。

75年前の管理局黎明時代からだしな。

そしてレジアス中将をレジー坊やと呼びますかwww
まぁなぁ、レジアス中将は40年だっけか。
それでもミゼット達の半分程度だからな。
ミゼットから見れば、坊やにもなるだろう。
実際レジアスが入局した頃から知ってるのかもしれんし、
それこそひよっこの頃なんか、ほんとあまっちょろい坊やだっただろう。


はやては六課の部隊員達に今回の事件の経緯を説明。

レジアス中将と評議会がスカリエッティを利用しようとした。
だが反対に利用され裏切られた。
細かい事はまだわからない。
どこからどこまでが誰の計画で何が誰の思惑なのかはわからない。

だけどわかっている事がある。

それは巨大船聖王のゆりかごがいて、街中にガジェットが飛んでる。
戦闘機人も多数現れ、市民が危険になっている。

そう真相は今、明らかにする必要はない。
まずは今の状況を止めないといかん。
守らないといけない。

まぁほんとはここで真相も究明しておかないと、
終わってからでは、闇に葬られる可能性もあるから、
後回しにはしたくないところだとは思うんだけどね。

スカリエッティを逮捕できればいいが、
もし逃げられたり、死んでしまっては、レジアスや評議会の罪を暴く証拠を失う可能性もある。
もちろん逃がす気も、死なせる気もないだろうけどね。

フェイトちゃんは特に、スカリエッティの逮捕にこだわっているはずだし。

そしてゆりかごには本局の艦隊が。
戦闘機人やガジェットには地上部隊などが対応する。

だがここで問題なのは、相手がガジェットなどAMF戦になるという事。
高レベルでのAMF戦をできる魔導師は多くない。
だから、六課は3グループに分かれて、それぞれの部署と協力する事になる。

なるほどな、ってかAMF戦ができる魔導師は多くないとか、
地上本部は魔導師レベルがあまり高くなさそうだもんな。
元々オーバーSすらいない状態らしいし、
はっきり言って、役にたってないんじゃないのか?w

六課は少数だが、このために組織された部隊でもあるし、
AMF戦を前提とした能力を訓練している。
高レベルでのAMF戦をできる部隊であり、
その部隊フォワード達は高レベルAMF戦可能な魔導師である。

なんだか、ここにきて六課が輝いてきた感じw
今回の事件は六課が引っ張るって事だからな。
ってか、オーバーSがこんだけいる部隊だしな。
はっきり言って、地上部隊が偉かろうと関係ないわな。
実際現場で戦える魔導師を前に、何か言えるはずもないww

あとはやはり戦力分散となってしまった事。

本来六課がまとまって戦えば、文字通り無敵だと思うのだが、
戦力分散となると、この戦力差から見ても不利になる。
これだけの規模の戦いなら、各個撃破が基本かなぁとも思うのだが、
そうもできない状況か。
地上部隊がもう少し使えればな、こんな事にもならんのだろうけど。
だが、これは見せ場でもある訳で、
なのはさんの舞台が始まるって事でもある!w


それぞれの持ち場に向かう六課隊員達。

フェイトに声をかけるキャロとエリオ。
フェイトは別グループになってしまった事を申し訳なさそうに。
いつも大切な時に一緒にいてあげられなくて、と。

キャロ達は、それを気にしている訳ではない。
フェイトが一人でスカリエッティのところに向かう事を心配している。
ほんとにいい子達だな。
フェイトの力を信じていない訳ではないだろう。
だけど実際相手は強大、少数で制圧出来る程甘くはないのも事実。

ライトニングのメンバーでスカリエッティのところへ向かうのはフェイトのみ。
シグナムは地上の緊急時の為に護衛待機か。

だがフェイトにはヴェロッサとシャッハが一緒だ。

一人ではないと安心させようとするフェイトちゃん。
二人を抱き締めて、無茶をしないようにと。
がんばって、と。

その言葉を聴いてエリオはフェイトさんもです、と。

まぁ無理をするな、というのはこの状況ではなんともねw
本心ではあるけど、本人達は無理をする事に躊躇いはないだろうな。
なんせ、それぞれが願う未来の為に自分の為に頑張るんだからな。
その為に出来る限りの事をしようとしてしまうのは仕方ない。


ヴィータとシグナム、そしてリイン。

リインはまたゼストとアギトがまた来るだろうという事を気にしている。
ちなみにリインはアギトを赤い子と呼ぶw
お互い今は敵で、名前もまともに呼びあう事もない仲だが、
この二人はきっとわかりあえる、と思うんだよなぁ。
そしてわかりあえた時、誰よりも信頼出来る親友になれるだろう。
そんな未来を期待したいね。

シグナムはゼストのフルネームに融合騎アギトの名前を出す。
リインもなぜ知っているのか、と驚く。

そりゃ驚くわな。
戦っていた本人の方が知らないし、シグナムが知っている理由もわからないから。
シグナムはやっぱり知り合いなのかな、と思ったんだけど、
そうではなかったようだ。

この二人の事、というかゼストの事を知っていたのは、
ゲンヤだったようだ。
元管理局員、首都防衛隊ストライカー級魔導師。
局員だったのか。
まぁその予想はどこかで見た気がするけど、
ストライカー級ってのがなんか中途半端。
だってよ、推定オーバーSランク魔導師で、ストライカーってのもなぁ。
どうせならエース級と呼ぶほうが、あってるように思うんだが。
まぁエースもストライカーもそう差がある呼び方ではないけど、
エースの方がなんだかすごいイメージなんだよな。
それもなのはがエースオブエースなせいもあるんだけどwww

ってか、ここでエースと呼ばないのは、
やはりなのはがエースというイメージを持たせる意味もあるかな。

そしてゼストはやはり一度亡くなっているようだ。
8年前に亡くなられたはずのレジアスの親友。

亡くなられたはず、というのが気になるが、
それは今こうして存在しているから、そういういい方なんだろう。
実際8年前に亡くなったのは間違いないだろう。
だが今こうして生きている。
人造魔導師として復活しているようなのだが、
それはクローンという事なのだろうか?
そして記憶を移した状態で復活しているのかな?

ってかね、一番突っ込みたいのは、

レジアスにも友達いたんだ?www

友達の一人や二人はいるわなww
昔はあんな思いあがった性格ではなかったかもしれんしね。
平和の為に一生懸命なだけのいいやつだったかもしれんし。

だけど、レジアスは親友であったはずのゼストを見て、
発作を起こしていた。
親友なだけなら、こうして生きている事に驚きはしても、
取り乱したりはしない。

ゼストが死んだ理由にレジアスが関係しているってところかねぇ。

ゼストのやるべき事ってのはなんだろうか?
とにかく親友であった事が繋がるのは間違いないんだが、
ゼストは復讐を考えているタイプには見えないし、
レジアスに伝えられなかった事、もしくはしてやれなかった事があったとかか。
ようするに親友の為に最後に何かを残して行く為か?

ゼストとレジアスにはちょっとした感動が待っているのかねぇ。


そしてBパートに。
アイキャッチ!!!!www

ちょ、遊びすぎ!w

犯罪者写真ってやつけ?w

スカリエッティは番号じゃなくて、ドクターか。
うまいね。
あとはやはりドゥーエがいないな。
2がなくて、ナンバーズは1から12まで。
チンクちっせぇな!

あとやはりというか、クアットロだけプレートまっすぐ持たずに、
横向きだしwww
やっぱふざけたやつだわw
性格の悪さがわかるねぇ。
キャラの特徴がよく現れてていいけどな!


第1グループの降下ポイントまで3分という位置。
新人z4人はなのはとヴィータと出動前のミーティング。

なのはは今回は今までで一番厳しいものになると思う、と。

まぁ、どう見てもそうだなw
これが今までよりもハードじゃないなら、全然問題ないし、
なのはもブラスターモードだとか考えずに済むはずだからなw
隊長クラスがそこまでする必要があるってだけでも、
今までの出動よりもなんてもんじゃない。
今までとは段違いにハードなはず。

そしてヴィータは4人がピンチでも、なのはやヴィータが助けにいけない、と。

ようするに、なのはやヴィータが4人の事を守ってやれる程余裕がないって事だ。
現場の違いも当然ある。
4人は地上だが、なのはやヴィータは空だ。
空戦になるなのは達が、4人のピンチを助けるのは無理。

なのはは、目を瞑って今までの訓練の事を思い出して、と言う。

目を瞑り、なのはの言う訓練を思いだす。
繰り返した基礎スキル。
磨きに磨いたそれぞれの得意技。

まぁここまではいいw

痛い思いをした防護練習。

ここらへんから様子が変わるwww

全身筋肉痛になっても繰り返したフォーメーション。
いつもボロボロになるまで隊長達と繰り返した模擬戦。

って、4人の顔が引きつっとるがな!w
しかも苦しげに声まで出とるwww
思いだしただけで、顔が苦痛で歪むとか、

普通にトラウマになっとるじゃねぇか!wwww

さすが、なのはさんの訓練だわ。

しかも、この時のなのはさんの顔がやけに男前で!!
描き込みすぎだろw

そんな様子にちょっと笑いつつも、目をあけていいよ、と。

4人は、はぁ、とか安心してるし、
やはり完全に悪夢になっとるよ!w
イメージトレーニングなんてもんじゃねぇな、こりゃw

なのはは、私が言うのもなんだけど、きつかったよね?とかwww

きついで済まないと思うんですけど!!

まぁそんなお茶目な言葉に、4人も少し笑みがこぼれる。

そしてヴィータがそこにきっちりと褒める。

それでも、ここまでよくついてきた、と。

ヴィータがここまで言うんだ、
なかなか聞けないセリフのはず。
それは間違いなく、褒めている。
めったに言わないからこそ、その重みもある。
4人もその言葉に驚いているな。

でも、ここでのなのはのセリフがお茶目すぎるwww

4人とも誰よりも強くなった・・・とは、まだちょっと言えないけど

うははw
強くなったで、4人が嬉しそうにするんだが、
続いたセリフでがつくりですよwww

持ち上げておいて、堕とす!w

なんていじわるなwww

だけど、もちろん違うよな。
そこからちゃんと、また持ち上げる(ぉ
ちゃんと自信と持たせ、励ます。

どんな状況でもどんな相手でも負けないように教えてきた。
守れる力。
救える力。
絶望に立ち向かっていける力。

ここまで頑張ってきた4人はそれがしっかり身についている。

だな。
あれだけの訓練をこなしてきたんだ。
なのはを信じてついてきたんだ。
それが力になっていない訳がない。

そんな努力の時間は、絶対に自分を裏切らない。

逃げずに、苦しくても頑張ったんだからな。
それを続けたのは誰でもない自分。
必ずできるって事だ。
自分を信じてやれば大丈夫だ。

それを忘れないで、と。

ヴィータは、

きつい状況をビシッとこなしてみせてこそのストライカーだからな!

と。

いいねぇ。
ほんとにそうだよな。
ピンチの時に活躍出来るやつがヒーロー・ヒロイン。
逆境を乗り越えてこそ輝けるからな。

ようするに、ここ一番に決めれるやつがかっけーんだよ!w

でも、さりげなくヴィータは4人をストライカーと認めているようなセリフ。
いや、ストライカーになってこいという感じかな。
4人はそれに気付いているかはわからんがね。

あと、なのはさんが積み重ねて時間が裏切らない事を言う時、
なんで拳なんですか!?w

とりあえず、これは肉体言語アニメじゃないよね?w
魔法少女アニメだよね!?w


なのははそんな激励の言葉と共にフォワード隊出動の号令。
ヴィータも、言って来い!と。

元気よく返事をして、出動する3人。
一人スバルだけは、その場に残っている。
そんな様子にヴィータが先に行くぞ、となのはに言うのがいいなぁ。
空気読んでるってやつだけど、
この緊急時にそうできるってのもヴィータの大きさを感じるわ。


なのははスバルがギン姉の事もあって、
不安なのだろうと思ったようだが、スバルは違うと。

ギン姉は私がきっと助けます、と言い切る。
強くなったか。
というか、そう信じて向かわないと、できるもんもできないだろうしね。
だけど、スバルは実際強くなったのだと思う。
力だけじゃなくて、その心も。
スバルの目指す場所。
その為に、まずはギン姉を助けないとな。
助ける事のできる力を持っているはずだから。

スバルが心配していたのは、なのはとヴィヴィオの事。

そんなスバルに素直にありがとう、と。
でも大丈夫だよ、とも。

なのはが一番怖かった事は現場に行けない事。
実際なのははただの個人ではなく、管理局の魔導師。
管理局の指示、ようするに六課がその事件捜査に動けない限り、
どれだけ力があろうとも、思いがあろうとも、
実行に移す事ができない。
助けたい人がいても、勝手な事はできない立場。

だがそれははやてが六課が動けるようにしてくれた事でクリアできた。

なのはは現場に行って、全力全開でやっていいんだったら不安なんて何もない、と。

全力全開ktkr!!wwww

なのはの口からこのセリフが聞けたって事は、まさにその言葉どおり全力全開だからな!!w

なのはオンステージが待ってるぜ!!!

ってかね、全力全開でやる気まんまんですか!?
手加減なじだなw
しかも、それってどう考えてもエクシードモードでおさまらんだろww

ヴィヴィオもきっと助け出して見せる、と。

反対にスバルに心配ないよ、と。
スバルが憧れてくれたなのはさんは、誰にも負けない無敵のエースだから。

と。

無敵ktkr!!wwww

だめだオレwww
もうね、めろめろですよ!!
嬉しすぎて、まじやべぇ。

つーか、自分で言っちゃいますか?w
無敵とか似合いすぎて反論できんのだが、自分で言っちゃうなのはさんはまさに無敵です。

まぁスバルを励まそうとするなのはの気遣いなんだろうけど、
スバルにとって、これほど嬉しい言葉もないかもしれんね。

スバルも六課の自慢のフロントアタッカーなんだ、と。
相棒のマッハキャリバーと一緒に、負けないで頑張ってきて、と。

そうして拳を合わせる二人。

って、やっぱなんで拳なんすか?www
確かにスバルは拳系だけど、なのはも拳連発ってのが、
狙ってるよなぁ。


ヘリで待機しているティアのところにぐずぐずとべそをかいてるスバルが到着。
ティアに出動前に何泣いてんのよ、と突っ込まれる。
まぁティアには理由がなんとなわかっているんだろうけど、
ここでしんみりするんじゃなくて、こうして軽く接してあげるのがいいって事、
よくわかっとる。
しかもそれができるのもやっぱり親友しかいないしな。

スバルはなのはを励まそうとしたけど、逆に励まされて帰ってきた、と。
ティアもそれがわかってたみたいだけど、
それをこうやって本人の口から言わせるってのも大事だよな。
ティアは、その事を馬鹿ね、と。

スバルがなのはを励ますなんて10年早いって事でしょ、と。
なのはを励ましたいなら、今よりも強くなって立派にならなきゃ、と。

そうだな、なのはにとってスバル達が一人でも自分の力で道を切り開けるようになる事が、
何よりも嬉しい事だろうからな。

スバルもそれは痛いほどわかってるだろう。
素直に、うん、と。

きっとスバルはなのはの期待に応える、そんな魔導師になるよ。
今はまだまだかもしれんけどね。


出動

BGMやべー!!!
魔法少女アニメのBGMじゃねぇ!w
でもこれがぴったりなんだから困ったもんだ。

六課フォワード陣新人z4名はヘリ
シグナムは既に騎士甲冑でアースラと共に飛行中。
リインもシグナムと一緒だ。

今回リインはシグナムとか。
となるとゼストの相手はやはりシグナムっぽいし、
リインとのユニゾンが見られるのかね。
だがシグナムはヴィータよりも一つ抜けて強い気がするからな。
ゼストはあの体では、シグナムの相手するのはきついんじゃなかろうか。
しかもそれがユニゾンしたシグナムだったら尚更。

ま、とりあえず言える事は、シグナムは黒パンツ!(ぉ


はやての号令で隊長陣も出動。

なのはさん気合入りまくり!w
そのポーズはやはり魔法少女じゃn(ry

なのは・フェイト・ヴィータ、そして今回ははやても最初から空へ。

もちろん部隊長自ら出るような状況。
カリムの持つ、能力限定解除申請可能回数1回を使う時。

しかも今度の解除は機動六課隊長・副隊長一同、能力限定完全解除だ!

完全解除キターーー!!

やべー涙出てきた。
出動しょっぱなからいきなり解除。
もちろん時間制限などない!
ここで能力限定解除しなくて、いつするんだ、とww
ってか、これまでに2回しか使えないとか言っていた回数も全然十分でしたなw
2回使いきって、それでも極限的な状況から反則気味に限定解除とかの、
流れを予想していたけど、
1回目の中途半端な解除を使ってなかったら余ってるくらいじゃないかとw

カリムの呼び声に答える隊長陣。

リミットリリースするカリム。

なのは達の限定解除ボタンが核ボタンに見えるww
いや核よりあぶねぇかもww

そして限定解除から、なのはも即エクシードモード!!

なのはの顔の表情が気合入りまくり!!!w

普段のミニスカートもいいけど、
エクシードのロングスカートに、ビスチェなデザインやっぱりいいな!
特にビスチェな部分がすげー好き。
ロングスカートは初期デザインちっくでいいよな。


それぞれの持ち場に向かう前。
4人で飛行し向かうその時、フェイトちゃんがなのはに話しかける。

なのはとレイジングハートのリミットブレイク、ブラスターモード。
なのはは言っても聞かないだろうから、使っちゃだめとは言わないけど、
お願いだから無理だけはしないで、と。

ほほ、ブラスターモードってリミットブレイクなのか。
となるとフルドライブも含まれるよな。
さらにここで言うリミットは安全弁みたいなもんだろうから、
それをはずせば、制限なしに威力を増大させる事が可能ってな感じか。
それって、やべぇよなw
体の負担とかそういうのも、そうだけど、
リミットブレイクして戦っても、勝てそうにない時は、
さらに負荷をかけて威力増大を図る可能性もあるって事じゃないかと。

とりあえず切り札ってのもわかるな。

つーか、フェイトちゃんよくわかっとるな!!ww

言っても聞かないだろうから、ってwww

さすがは夫婦w
なのはの性格把握しきってる。
しかも使っちゃだめも言わないんだww

でもそれって反対に言えば、使っても言いけどってやつなんだけど!

無理だけはしないで、ってのもそういう事だよなぁ。
まぁ使わないで済むとは考えていないという事と、
実際それだけの相手であるのも確かなところか。

使うこと前提で話をするところが、らしいかもね。

ってか、なのはもそこで使わないよ、とは言わないしwww
リインの時は使わないって言ってたのにな!

フェイトちゃんの言葉に、なのはは反対にフェイトちゃんの方が心配、と。

なのはにもあるんだから当然フェイトにもある。

フェイトちゃんとバルディッシュのリミットブレイクも、
すごい性能がある分、危険も負担も大きいんだから、と。

ここからの二人の会話が神!w

フェイトちゃんは、

私は平気、と。

なのはは無理しちゃ駄目だけど、自分はリミットブレイク使っても
大丈夫だ、と言い切っちゃうから笑える。

きっと、なのはもフェイトも危険なのは負担が大きいのは変わりない。
なのに自分だけは心配ないような言い方がらしいところではあるけど、
なんだかかわいく見えてしまうw

その様子に、ため息付きで、
フェイトちゃんは相変わらず頑固だなぁ、とwww

なのはのため息かわいいww
なんかA’sの時もこんなのあったよな。

そのなのはの言葉に、
頬赤くしてムキなるフェイトちゃん。

うはwwwやべぇぇぇぇぇぇ!!!!!!wwwww

かわいすぎる!!!!!

デレデレじゃねぇっすか!!!!www

しかも、そこで言う言葉が既に話がそれ始めてるしwww
明らかに冷静さがなくなっとる!!w

なのはだって、いつも危ない事ばっかり、と。

言ってる事が、お互いの揚げ足取りと言うか、
ようするに同じなんだよねwww

航空魔導師だから、危ないのは仕事だもん、と流すなのはだけど、
なんというか認めないってか、どっちも頑固だよwww

もう駄目だwww
笑いがとまらん!

それにフェイトちゃんはさらに、ムキになって、
なのはは無茶が多すぎる、と反論。

うはははww

なんという夫婦喧嘩wwwww

いや、夫婦漫才といったところか。

とりあえず夫婦である事は譲れない(マテ

一緒に飛んでいる、はやてちゃんとヴィータもあっけにとられとるww
あきれてると言うか、緊張感ないよなww

フェイトちゃんは我慢できなくなったのか、
本当は言うつもりじゃなかったんだと思うんだけど、

私が、私達がいつもどれくらい心配しているか

そう、全部心配だから言っている事。
仕方ないのはわかっていても無理はして欲しくない気持ちは変わらない。

しかも、それはお互い本当に心配だから、
お互い譲れずこんな形になってしまう。

だから言わずにはいられなかったんだろうね。

でも、それはもちろんなのはもわかってる。
心配してもらっている事。
まぁ愛されている事ってのもあるな。

だから、なのはも答える。

知ってるよ、ずっと心配してくれてた事、よく知ってる

まぁな、知らない、気付かないわけがない。
それは自分が心配かけるような事をしてしまった過去の事もあるだろうけど、
心配されるだけじゃなくて、
自分だって、みんなの事心配だから。

全てはお互いが心配で、大事な人だからこその気持ち。

それにしてもフェイトちゃんは本当になのは大好きオーラ全開だよなぁw
これぞフェイトちゃんだわ。

だから、今日もちゃんと帰ってくる
ヴィヴィオを連れて、一緒に元気に帰ってくる

なのははフェイトちゃんに笑顔でこう言うのだけど、
心配してくれているフェイトちゃんに感謝する気持ちと、
ちゃんと帰ってくると約束する事で、その気持ちに応えようとする

いいなぁ、いい会話だなぁ。

もうマジでニヤニヤがとまらんwww

やっぱり、なのははこの二人がいてこそだよ!
この二人が話すだけで、これだけニヤニヤできるんだぜ?w

そんななのはの言葉に、満面の笑顔で答えるフェイトちゃん。

フェイトちゃん嬉しそうだなぁwww
なのは命ですなw
ったく、ほんとこれから危険な戦いに行く前とは思えないいい笑顔だな!
つーか、この二人を見てると、どんな困難もぬるく見えるネ。

二人の信頼、ともだちだ。

今はともだちよりも親友。
いややっぱり夫婦だな!w


さすがにはやてもこれ以上はまずいと思ったかw

フェイトちゃんにポイントである事を伝える。

思い出したかのように、ハッと我に戻るフェイトちゃん。
ほんとにこの子忘れただろw
幸せに浸り過ぎだぜ!!

ヴィータもフェイトに無茶はするなよ、と念を押す。
地上と空はきっちり押さえるからな、と。

ヴィータもやっぱりかっけーな。
しかもすげー頼もしい。
ヴィータもきっと最後まで魅せてくれるに違いない!

そしてフェイトちゃんになのはが、

頑張ろうね、と拳を差し出す。
それに応えて拳を合わせ、頑張ろう、と。

なんで、拳なんすか!?ww

ほんと、どこまでも熱血でいくんだな。

お互い約束を交わし、フェイトちゃんはスカリエッティの所へと向かって降下していく。


そして、なのはさんの語り入りますwww

自分の思いを貫く力。
不幸を撃ち抜く力。
同じ思いを持った子達に、そんな技術と力を伝える道を選んだ。

この手の魔法は、大切なものを守れる力

思いを貫き通す為に、必要な力

もう、マジ泣ける。
名セリフだわ。
これくらいで感動出来る俺安くつきすぎ!ww

でもね、いいんだよ!
感動したもん勝ちなんでww

そんな思いと共にヴィヴィオを思い浮かべるなのは。
気持ちを確認するかのように。
その決意をさらに強く。

待ってて、ヴィヴィオ

必ず助ける事を誓うなのは。
聖王のゆりかごが目の前に現れる。
そこへと乗り込むなのは達。


スカリエッティは実験アジト。
ウーノもクアットロとディエッチと持ち場を交代して帰還。
トーレとセイン、セッテもアジトに帰還。
迎撃体勢を整えるナンバーズ。

スカリエッティはルーお嬢にも今回の迎撃を頼んだ、と。
ルーお嬢も、スカリエッティがここまで計画を進めた今、
ただの駒扱いだろうな。
利用できるだけ使おうといったところ。

だが、そこに気になるのがゼスト。

ウーノはゼストが動いている事。
そして予想外の行動されるとまずいのでは、との心配。

ゼストはルーお嬢の事を気にかけているのだろうし、
その扱いによっては、
敵になる可能性があるってところか。

スカリエッティは心配ない、と。
ドゥーエが今の任務を完了次第、地上本部に向かう事になっている、と。

地上本部ってのは、おそらくゼストの事をからめた会話からも、
レジアスのところって事だろうな。
ゼストがレジアスに接触する前に、先手をうつって事か。
となると、レジアスは命狙われてるって事っぽいな。

そしてドゥーエの今の任務だが。

破壊されるポット。
もちろん最高評議会の3人の。
脳みそ生ですよ。
微妙にグロいww

破壊したのは、あの女性。

3人のうち最後の一人が、なぜ?と陳腐な質問。
当然この女性がスカリエッティの差し金だから。

ドゥーエで間違いないだろう。
その任務は最高評議会の抹殺。
利用するだけ利用して、いらなくなれば最後は消去。

スカリエッティを未だに利用するつもりだった評議会の3人は、
あまりにも愚かだった。
利用しているつもりが、利用されていただけなのはもちろん、
裏切られ、計画が失敗しているにも関わらず、
最後の最後まで自分達が優位であると考えている愚かさ。
気付かない。
いや気付けないのだ、今までその傲慢で支配しているつもりだった時間を、
あまりにも長く過ごしすぎて、
それがわからなくなっていたのだろう。

ドゥーエであろう女性から語られる真実。
スカリエッティの正体。

最高評議会によって見つけ出され、生み出し育てた異脳の天才児。
失われた世界の知恵と限りない欲望をその身に秘めた、

アルハザードの遺児

うは!
そういう事か。
スカリエッティはアルハザードの生き残り、
もしくはその遺伝子か何かで生み出された生命って事か。
あの才能と頭脳は全て、アルハザードの世界のものって事。

となると、ゼストやルーお嬢を復活させた技術もアルハザードのものって事になるが、
それってフェイトちゃんのお母さん、プレシアが求めていたものだよな。
死んだ生命を生き返らせる技術。
プレシアはアリシアを復活させる為に、アルハザードを探した。

実際にアルハザードでは、それだけの技術があったという証明であるな。

もしかしたらプレシアにその事を教えたのはスカリエッティだったのかも。
同じ技術研究者。
どこかで接触があってもおかしくはない。
フェイトちゃんがスカリエッティを追いかける理由にもなる。
母の過去を知る存在。
そして母に間違った道を進ませた元凶。
だが、それがなければ自分がいなかった事も。
だから決着をつける為に。
スカリエッティとは会わなければならないのだろう。

スカリエッティの開発コードネーム

アンリミテッド・デザイア・ジェイル・スカリエッティ

無限の欲望ですか。
タイトルはこれからですな。

評議会メンバーが蘇らせてしまった事が今回の原因。

なんだよ、ようするに平和だ安全だと言ってる奴らが、
自分達のエゴで、傲慢で生み出した事件じゃねぇか。
扱えると思いあがって、自分達の力以上のモノを求めた結果、
結局は扱いきれずに、これだけの出来事を起こし、
そして自滅していく事にか。

最後は罪の償いもする事なく、
スカリエッティの計画で死んでいくなんて、
どうしようもねぇな。

ミゼットばーちゃんも、最後まで気遣ってくれていたのに、
ほんと死んで当然かもしれんが、最後くらいちゃんと責任とれよ、と。

まぁお似合いの最後ってところではあるが。

扱い切れない力か。
ロストロギア関連の事件は、全てこういう事からだな。
過ぎたる力は、破滅を招く。

そしてナンバーズである事の証明。
その姿は他のナンバーズと同じスーツ姿に。

ってか、そこで不敵な笑みを浮かべる、ドゥーエ。
すばらしく悪人らしいです!
でも、なんだか似合いすぎです!!
悪人は悪人らしく。

最後の一人もこれで終わり。

それにしても評議会メンバーはあっさりだったなw
ほとんど表に出る事もなく、
実質の首謀者とも言えるのに、
速攻消えて終わり。

時空管理局の癌がなくなり、これから変わっていけるきっかけではあるが、
それは今のスカリエッティの計画を止めてからの話。
でも時空管理局の未来がこれでなんとなくよくなりそうで、
そこに関係してくれるなら、この流れもありかもね。


しかしドゥーエが次の任務に向かう事になるが、
地上本部に向かう理由はやはりあきらかにレジアスの命だよなぁ。
評議会を消せば、後はレジアスだけだもんな。
ゼストはシグナムと対決じゃないかと思うが、
それどころではない感じ。

レジアスは正直どうでもいいが、
ゼストの事が気になる。


そしてゆりかごの外で戦う六課隊長陣。

はやてはガジェットなどの小型機発着地点を叩く役目。
ヴィータはゆりかごの突入地点を探す。

なのはさんは敵の密集点を撃破中。

うはww

とりあえず、砲撃強すぎ。
一閃で密集点撃破できるとか、どんだけーwww

誘爆誘う砲撃撃つなのはさん、

さすが魔砲少女!!

しかも「次!」とか気合入りまくりというか、
やる気満々ですよ!
顔つきも怒ってる?w

管制もなのはの勢いに押されとる!ww

完全に六課の隊長陣が現場を仕切ってるね。
まぁはっきり言って、なのは達以上に今回の事件で戦える実力者はいないだろうし、
実際地上部隊は主力にならん。
そしてこうやってオーバーSランク魔導師と一緒の現場を戦う事も、
なかっただろうしな。

正直オーバーSの力に圧倒されとるんだろう。

なのはの本気はまだまだなんだがなwww


そして本局艦船部隊。

ゆりかご拿捕ポイントまで3時間と少し。
巨大戦起動?軌道?ポイントまで3時間。

3時間って長いwww
戦いの3時間だからな、その間戦い続けないといけないって事だから。
なのは達にとっては相当厳しい状況だろう。
なんせ全力全開3時間だぜ?w

ってか3時間もあったら、どれだけ破壊される事か(ぉ

確かに六課の意義は主力部隊到達まで、
なんとかその場を乗り切る為に動く事なんだが、
それでもこれは過酷過ぎる。

しかも私情もある戦いだからな。

なのはの事が心配だな。


EDでちゃんとドゥーエの名前が載ってたね。
やはりあれがドゥーエって事でいいみたいね。


そして予告

この予告で流れてるBGMかっけーな!
これめっさ好きだ。

みんなそれぞれの中心部へと向かっていくようですな。

シャッハの活躍期待したいなぁ。

キャロはやっぱりルーお嬢と対決か。

そしてスバルとギン姉との対決。
ここで他のナンバーズの動きが鍵。
スバル対ギン姉にノーヴェがどう絡むか。
スバルの最後の相手はノーヴェだと思うんだが。


次回からが戦闘本番かな。
しかしゆりかごが最後ってのも尺的に違うような気がするなぁ。
まだあと6話あるんだよね。
そしてヴィヴィオにレリックを移植したのも、
ただの起動キーってだけならいらんだろうし。

まだもう一つ大きな最後がありそうな雰囲気。

とりあえずは次回の戦闘に期待だけどね。


さていつものDVDとか↓

新OP&新ED[Amazon]

新OP
MASSIVE WONDERS / 水樹奈々 (2007/08/22) [Amazon]

MASSIVE WONDERS MASSIVE WONDERS
水樹奈々 (2007/08/22)
キングレコード
Amazon


新ED
Beautiful Amulet / 田村ゆかり (2007/08/01) [Amazon]

Beautiful Amulet Beautiful Amulet
田村ゆかり (2007/08/01)
キングレコード
Amazon



魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1 魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1
奥田泰弘 (2007/07/25)
キング


魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2 魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2
奥田泰弘 (2007/08/22)
キングレコード


魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ02 魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ02
ソング&ドラマCD (2007/07/18)
キングレコード
Amazon



  1. 2007/08/19(日) 22:03:22|
  2. 魔法少女リリカルなのはStrikerS
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<CLAMP IN WONDERLAND 1&2 1989~2006<PRECIOUS BOX> | ホーム | 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第19話「ゆりかご」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goworks.blog89.fc2.com/tb.php/146-5b7083dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第20話「無限の欲望」

この手の魔法は、大切なものを守れる力――。守護者たらんと力を欲し、犠牲も顧みない傲慢に堕した者たち。生み出した狂気に敗れさる…。暴走する旧世界の力――無限の欲望を求めた器。立向かうのは、大切なも
  1. 2007/08/19(日) 22:14:29 |
  2. SERA@らくblog

レビュー・評価:魔法少女リリカルなのは StrikerS/第20話 無限の欲望

品質評価 58 / 萌え評価 21 / 燃え評価 21 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 40 / お色気評価 11 / 総合評価 27レビュー数 149 件  上昇を開始する巨大空中戦艦「聖王のゆりかご」。 大量のガジェットが出現し、市街地を襲い始める。 戦闘機人は、ゆりかごの上昇を妨害か
  1. 2007/08/20(月) 20:01:36 |
  2. ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン

(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第20話 「無限の欲望」

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2天地を統べる聖者の船、聖王のゆりかごがスカリエッティの手によって復活した。この緊急事態に、いよいよなのは達が動き出す・・・。
  1. 2007/08/21(火) 16:24:35 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。