スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤンマガ・ホリック語り 130回

今週のヤンマガ・ホリック語り、1日遅れましたがいきます。

いや昨日悶え死にそうで語るつもりが何回も読み返してましたw

ホリック語り130回
 ↓

まず今回は扉絵あり。

マルとモロ。
2人はいつも一緒。
小さな体に大きな使命を背負う。
そんな感じ。

本編。

侑子さんの店に飛び込もうとする鳥が。
まずその鳥は頭が2つあるように見えるんだがw
とりあえず普通の鳥ではないようだが、だからこそ店に飛び込む事もありえるのかも。

だが人であろうと動物であろうと、必要がないモノが入る事はありえない店。
モコナが言うには、また、なのだそうだ。
ようするに何回も起こっているという事に。

となるとかなりの異変と言ってもいいだろう。

それは店を守る力が弱くなっているという事。
マルとモロが店を守る事のみに集中しているのにだ。

それはツバサの4人が関係しているようだ。

4人がそれぞれの未来を選んだ事によって世界が揺らいでいると。

もしこの4人が同じ道、同じ未来を選んでいたら世界は揺らがないのだろうか?
今は4人の心がまとまっていない。
心が離れ離れになっている。
その結果体も離れてしまうかもしれない。
体が離れる、それは違う未来とかではなくてもっと直接的な事。
隣にいたのに、いなくなる。
同じ世界にいたのに、いなくなる。
一緒に旅をしてきたのに、その一緒の旅の終わり。

例えそれがどんな結末を迎えるとしても。

選ぶのはそれぞれ。

そして未来はそれぞれの選択により作られる。

そう自分の道を選び、そして自分で未来を作っていく。
それは当然たった一人が作る未来ではない。
様々な未来が作られて、それがいくつも重なって世界の未来になる。

四月一日の未来も世界を揺るがす一つなのだと思う。
だがツバサの4人が選ぶ未来も世界を揺るがすものなのだろう。
だから侑子さんの店にまで影響を及ぼす。

それもまた必然なのでしょうw

場面は飛ぶ。

なんか四月一日が百目鬼に手袋プレゼントですけ?w
なんだこの展開ww

まぁおそらくはおでん屋の事のお礼を含んでいるんだろう。
四月一日はひまわりちゃんを編んだついでだとか言ってますけどw

四月一日よどこまでもツンデレ路線でいくんだな?w

そうだね四月一日のセリフを王道にいくなら、

「だ、誰もあんたの為に編んだんじゃないんだからね!
 ついでがあったから編んであげただけなんだから!」

こんなとこでしょうか?w

それにしても百目鬼指5本ある普通の手袋より、ミトンの方がいいですかい?w
百目鬼の趣味がわからんw

百目鬼はひまわりちゃんと百目鬼の分以外にもう一つ作っていた事に突っ込み。
なんか百目鬼も四月一日の事よく見てるよなぁ。

これも・・・とか書いてるとまたそっち路線にいくので省略(ぉ

とりあえずもう一つって、もしかしてって思ったら!

うあはははははははははははははははははwww

うひょー!♪(うるさい!落ち着け!!

取り乱して、申し訳ない・・・

いや、これマジの反応でした(吊ってきます

今回の話でまさか来るとは全く予想してなかったので、
すげーカウンター喰らいまして、嬉しすぎてそのままダイブしてました(マテ

ってか小羽ちゃん!!♪

マジ嬉しい嬉しい嬉しい(落ち着け!

久しぶりの登場です。
あぁもうかわいいなぁ♪

四月一日を見つけて「こんばんは君尋くん」
うわぁ、名前で呼ぶのいいなぁ。
ってかなんか小羽ちゃんが四月一日をそう呼ぶのが、見た目とかとギャップがあっていいわぁ。

四月一日が小羽ちゃんの事を丁度話そうとしていた、と告げると小羽ちゃんが不思議そうに。

渡したいものがあって。
そう、さっきのもう一つは小羽ちゃんの為のもの。

そして小羽ちゃんの事は結構話題にしていたが実際に百目鬼と小羽ちゃんが会うのは初めて。
四月一日が小羽ちゃんに百目鬼を紹介。

小羽ちゃんは、以前四月一日から百目鬼の事は聞いている。
百目鬼も四月一日から小羽ちゃん事は聞いている。

小羽ちゃんが百目鬼を見上げる。
百目鬼も小羽ちゃんを見る。

小羽ちゃんの百目鬼の第一印象は「綺麗なひと」
うほほw
四月一日はマジで信じられないといった反応だが。
まぁ百目鬼確かに美人とか美少年の系ではないとは思う。
かっこいいとか渋いというのと違うからなw
小羽ちゃんの言う綺麗はもちろん内面な事だろう。
小羽ちゃんはその人の本質を見抜く力があると思う。
百目鬼が邪を祓う気質の持ち主である事は当然わかっただろう。

小羽ちゃんはそういった気質の人間が嫌いではないだろう。
だから会ったばかりの人である百目鬼の事でわかるのはその気質のみ。
だからむかつく相手にはならんわなw

百目鬼も無言でじっと小羽ちゃんを見るその様子はやはり何かを感じたのだろうか。
いや感じるというのは違うか。
百目鬼は基本的にそういった事を感じたりする力はない。
だけど相手の本質のようなものを見抜く事はできるだろう。
小羽ちゃんがやはり特別な存在である事はわかるんじゃないだろうか。
それを見ている顔つきに見える。

そして四月一日と小羽ちゃんは公園へ。

百目鬼は一緒じゃないのかね?
やぼじゃないってところですかい?w
もしかしたら近くで待っているのかもしれんが。

寒い冬、公園なのは理由がある。
小羽ちゃんがお店とかに入れないから。

それを四月一日は、知らない人とお店とかに入るのはお母さんが心配するよね、と。

しかし小羽ちゃんはそれを否定する。

「お母さんが心配なのはわたしじゃないよ」

小羽ちゃんが心配だから知らない人とお店に入ったりする事を禁止しているのではない。
お母さんが心配しているのは、そうおそらく小羽ちゃんの力。

そういう店に入って力がなくなったり弱くなったりする事を心配しているんだろな。
なぜその力に拘るか。
まぁ単純にお金だろう。
それはお金を心配しているのであって、自分の娘を心配していない。
こんな悲しい事はない。

四月一日も小羽ちゃんが言っている意味がわかるのだろう。
小羽ちゃんはいつも表情が変わらない方だが、やはり寂しそうだ。
四月一日の小羽ちゃんを見る表情は真剣だ。
哀れんでいるのではない。
何か、小羽ちゃんの為にと考えているように見える。

四月一日は言う。

「おれは心配だな」

と。

その言葉にちょっと驚きの表情。
ふむ、やはり表情が少ない小羽ちゃんは、ちょっとした表情の変化がやけにかわいく感じるw

四月一日の続く言葉は、会えなかったから元気にしているか心配だった、と。
それは四月一日が常に小羽ちゃんの事を思っていたという事。
会えない日も忘れずにいてくれるという事。
これは好きな人に言われれば、とんでもなく嬉しいだろう。

その言葉に小羽ちゃんもわずかではあるが笑顔に。

くぅぅぅぅぅぅー!!

うひゃー、もう我慢できん、と再びページにダイブ!!(またか!

お見苦しいところを・・・

小羽ちゃんは遠くにテレビのロケで行っていたそうだ。
だからしばらく会えなかった、と。

そしてそのロケに行く前にある家に行った事。
そこには女の子がいた事。
それは四月一日も知っている女の子。

そう、鈴の女の子。
彼女を御祓いしたのは小羽ちゃんだった。
これもまた縁。
繋がっているんだねぇ。

小羽ちゃんはその女の子から四月一日を感じた。
会った事があるんだとすぐにわかったようだ。
だから、その子がちゃんといけた事を伝えようと思っていた。
けどロケがあって遅くなった事を気にして、ごめんなさい、と。

まぁ誰もが思うだろけど、小羽ちゃんが謝る事じゃないよね。
四月一日も当然そう思い、伝える。

小羽ちゃんがそれだけ素直でいい子だって事なんですけどねw

四月一日もずっと気にしていたんだろう。
自分が亡くなっている事もわかっていないものというのはちゃんといくのが難しいんだろう。
だから、ちゃんといけた事に安心した様子。

だから四月一日は小羽ちゃんにお礼を、有り難う、と。

そしてもう一つのもの、そう手袋を。

小羽ちゃんは手作りである事がやはりかなり驚きのようだ。
まぁ普通手作りの手袋なんてなかなかないだろうし、
それが男の四月一日からだってんだから尚更。

つーか、四月一日なんでもできるやつだなほんとw

さっそくはめてみる小羽ちゃん。
ちょっと大きめだったようだが、小羽ちゃんはそんな事は気にする範囲じゃない。
それは大切な人であろう四月一日からのものだから。

その手袋を大事そうに嬉しそうに、抱くように。
言葉にしてしまう程。

「嬉しい、ありがとう」

と。

ちょ!ww

傘の時もそうだったんですけどね!
とりあえず・・・

ワタクシその手袋になります!!
いや、ならせて下さい!!!
(落ち着け!ww

うひょー!マジその笑顔ヤバイ!w
ってか悶死できる。
いや、既に死傷者多数か(ぉ

破壊力ありすぎ。

なんていうか、普段笑顔が見られない子がふと笑顔見せるとヤバイと思うんですよ。
ツンデレの原理と一緒ですな。
小羽ちゃんはクーデレですけどね。

いやしかし、この笑顔は本当にいい笑顔だ。
しかも嬉しいと言葉に出る程だ。

四月一日はどこまで上り詰めるのかね?w

四月一日は小羽ちゃんと今日会えるとは思っていなかった事から、
すごい偶然と言いかけるが、すぐに偶然はないんだ、と。

小羽ちゃんも偶然はないという言葉に不思議そうに聞く。

そう、ここはホリック。

この世に偶然はない あるのは必然だけ

侑子さんがいつも言っている事。
その事を小羽ちゃんに話す四月一日。

そう、四月一日と小羽ちゃんが会う事は必然。
もちろん意味がある。
四月一日と小羽ちゃんには間違いなく縁が結ばれている。

きっと四月一日と小羽ちゃんの縁は深いものだと思う。
いや思いたい。

そして小羽ちゃんもそれを感じているんじゃないだろうか。

ワタクシは四月一日には小羽ちゃんが一番お似合いだと思っている。
ひまわりちゃんももちろんいいのだけれど、
やはり小羽ちゃんを救ってあげられるのは四月一日しかいないんですよ。

いやまぁワタクシが小羽ちゃん引き取って助けてあげるのでもいいですけどね!(ぉ

でも今こうやって小羽ちゃんが登場するって事は、
これから起こる事に小羽ちゃんも関係してくると思っていいんじゃないだろうかね。

もうここ最近ずっと小羽ちゃん出てこなくて、
本当にワタクシまだかなぁ、と待っていたんですよ!
待ちに待たされ、ちょっとしばらくは出てこないかなと思いかけていたところに、
この登場。
意表を突かれ、破壊力倍増でw
本当にCLAMPさんありがとうございます。

ってとこなんですが、やはりこれだけのタイミングで出るからには、
それには当然意味があるんじゃないだろうか、と。

そしてツバサもどんどん展開しているので、
それに合わせた展開も含め、重要な話が待っていそう。

と、まぁ今後の展開に目が離せないんですが、
ここはとりあえず、ってかしばらく小羽ちゃんに浸らせて頂きます(コラw

あー小羽ちゃんかわいすぎて、どうにもおさまらん!(ぉ
更なる活躍を期待する。
  1. 2007/02/27(火) 21:33:42|
  2. xxxHOLiC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マガジン・ツバサ語り Chapitre 145 綻び始める世界 | ホーム | マガジン・ツバサ語り Chapitre 144 一番大切なもの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goworks.blog89.fc2.com/tb.php/30-c949b2ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。