スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マガジン・ツバサ語り Chapitre 145 綻び始める世界

今週のマガジン・ツバサ語りです。

その前に最後の目次のコメントに、しょこたんありがとうってありますなw
やはりしょこたんアシスタントしたようだw
どんな経緯かわかりませんが、しょこたんっていろんな意味ですげーなw

さて語りましょうか。

Chapitre 145 綻び始める世界
 ↓

まず恒例の扉絵。
しかもカラー!

ほんと頑張りますなぁ。

サクラちゃんと二人の小狼。
そうオリジナルと写身両方従えてかなり小悪魔な表情入ってます。

ふむ、そうかその手があったか(何
そうだよ、もうね二人ともサクラちゃんとくっついちゃえばいいよ!
逆ハーレムいいじゃないの!(ぉ

それにしてもまたサクラちゃんの衣装がワタクシ的にめっさストライク。
こういうの大好き。
もうフリフリでゴスロリってのかね。
普段街中で着てても全然いいよ!

なんだったら連れて歩くのも全然大丈夫だよ!w

さて本編に。

オートマタの名前はないのかね?
出てこないねぇ。

なんかジェオはえらい慌てようですが、知らなかった訳じゃなかろうに。

もうこのオートマタを名前が判明するまではヒカルと呼びますね。

ヒカルを使う事にかなり動揺のジェオ。
ジェオ曰く多人数戦闘用なのだそうな。
ほう、それだけ強いって事なんだよな。

しかもジェオ達から見れば、やはり小狼は子供と言われてしまうようだ。
うむ、まぁ確かに黒鋼やファイに比べればまだ少年というところだしな。

だからジェオは子供相手にそれはやりすぎだと言いたいようだが、
やはり元々ヒカルを使う事がわかっていれば、このヒカルが出てきてからの反応は変だ。
これはヒカルを使うことを知らなかったって事でいいのか?
それともオートマタ自体が何種類もあって、
どれを使うかはその時次第って事だろうか?

そのジェオの言葉にランティスは、子供であっても自ら戦う事を選んだ事と、
ここで負けるならこの先の試練を越えられない事を指摘。
ランティスにしてもどこまで小狼達の事を知っているんだろうかね。
後はランティスはこの戦いをどっちの立場で見ているんだろうか。

なかなかに掴みにくいところだ。

そんなランティスにジェオも不思議そうなところがまた謎なんだよなぁ。
このランティスの態度は普段とは違うんじゃないだろうかね。

そしてチェスが始まる。

ヒカルのスタートダッシュ的な攻撃。
その動きは速く、イケイケな攻撃スタイル。

やはりみさきちのヒカル同様、速度重視のタイプなんだろうかね。
速度があるのは間違いないが、パワーも相当あるように見える。
みさきちのヒカルの弱点であるパワー不足がなくなっているとすると、
かなり卑怯な程の仕様と言ってもいい。

小狼の攻撃も避けられ、さらに反撃が素早い。

そんな攻防をほんのわずかな時間で相当数繰り返し、
一旦お互いのコーナーへと。

ほんと一瞬のスキも見せる訳にはいかないガチバトル。

コーナーにいる両マスターにはっきりとした違いがある。
サクラちゃんは当然真剣そのものの表情だが、
イーグルは笑っている。
余裕だからか、それとも楽しいからか。
いや両方か。
とにかくヒカルはまだまだこんなもんじゃなさそうだ。

そして再びバトル。

小狼のヒザがヒカルのボディにヒット。
だがヒカルはその足を取りそのまま投げに。
みさきちがヒカルに身を切らせて肉を絶つ的な戦法を使った時の事を思い出したわw

場外へと飛ばされそうになる小狼だが、とっさに剣を利用して留まり、
そして即追い討ちをかけてきていたヒカルに反撃。
しかしヒカルは小狼の剣をその腕で受け止める。

黒鋼が解説してくれるが、ヒカルは機械だから傷みを感じない。
だから避けたりしないで、そのまま受け止めたりする。
傷付いてもものともしない。
そういう動きだと。

そしてサクラちゃんは思い返す。

侑子さんにこの国に世界を渡る術がある事を教えてもらった時の事を。
そしてサクラちゃんがそれを教えてもらった事の対価を聞く。

それは侑子さんからの条件を飲む事。

その条件はチェスに小狼・黒鋼・ファイと出る事。
ほうほう、こういう侑子さんから条件をだすのは対価としてもそうだけど、
これは侑子さんの干渉にはならないのだろうか?
なるとすれば、これは侑子さんにとっての一手という事になる。

その一手の意味は4人を出来る限り繋ぎとめておく事か。
やはり離れるのは望ましくないように思える。

その条件に対して、巻き込む形になる事を避けたいと言いたいようだ。
だから関係ないと言おうとした時、侑子さんに先に関係ないと思う?と聞かれる。

その問いの答えれらないサクラちゃん。
まぁ関係なくはないわな。
どういった理由であれ、もしそれを一人でなんとかしようとしても、
どのみちそれを許してくれるはずもなく。
間違いなく4人で出る事になるだろう。
そしてその理由には3人の未来に関係している。
やはり関係ないとは言えない事がサクラちゃんにもわかっている。

そしてサクラちゃんにはもう一つ願いがあるという。

それはたった1回しか使えない上、行き先を選べないその術を曲げる事。
そう、行き先を選べるようにする事。

ここで一つの疑問が解けた訳だ。
やはり行き先すら特定できないのはリスクが大きいどころじゃないからな。
正直一人になるだけで、その先がない。
やはり行き先は特定させる事を考えたわけか。

そして行き先に今までの行った事のある場所に戻ったりする事は、
対価が大きすぎるのだそうだ。
大きすぎるというのは一人の払える対価ではないという事だろうな。

だがサクラちゃんの希望は通って来た世界ではないようだ。

だがそれでもサクラちゃんの今渡せる対価の中で一番価値のあるものでも、
見合うかどうかというレベルらしい。
それほど重いという事。

そしてそれでもサクラちゃんは迷っていられない。

渡せるものがあるなら、と。

その対価、それはサクラちゃんの「強運」

ほほう、なんかホリックらしいねw
いやここはツバサかw

ワタクシはツバサもホリックも両方読んでいるわけですが、
こうして話がリンクしてるのを常に見ていると、
どっちがどっちの話かと思う事があるんですよね。
今回に限らずですけど、ツバサの中での侑子さんの位置は、
やはり重要なわけですよ。
そしてあまりにも存在感あるんで、そのやりとり見てると、
侑子さんが中心にあるように思えてくる。
そうなるともうツバサじゃなくてホリックなんですよw

しかも今回の対価の話で、その対価がその人の強運とか、
いつも対価は何みたいな話になるんですが、
コレほどホリックらしい対価もそうはないと思ったんですよね。

そして当然その対価はサクラちゃんにとって重要なもので。

侑子さんの言い方で「神の愛娘」
サクラちゃんは神に愛されていたわけだ。
もちろん本人の意思ではないだろうけど。
神に愛される、それは守られるという事。

今までにその片鱗は何度も見てきた。
サクラちゃんの幸運は様々な所で発揮された。

それがあったから今まで何とか前に進めていたといっても過言ではない。

記憶の完全ではないサクラちゃんは身を守る唯一の武器。
もしその強運を失えば、一人の世界で自分を守る手段がない。

だがそれを聞いても決心の変わらないサクラちゃん。
視えた未来を変える為に。

侑子さんはやはりサクラちゃんの選ぼうとしている未来がわかっている。
まぁ侑子さんだしな、その他の多数の可能性もわかってるんだろうなw

サクラちゃんの選ぼうとする未来は「一人」にならなければ行けないと侑子さんも言う。
だが侑子さんはこうも言う。
それは「独り」とは違うのだ、と。

なるほどな。
一人で違う世界に行っても、その想いは3人に繋がる。
そして3人の想いも、サクラちゃんに繋がっている。
そういう事じゃないだろうか。

それはやはり独りとは違うのだと思う。
独りになった時点で、他はどうでもいいものになるんだと思う。
誰かを大切にするのはやはり独りではできない事で、
相手がいてこそだから。

そしてサクラちゃんのその強運でも対価としては不十分。
確率は5分。
それでも賭けてみる?との問いに、
やはり決意は固く、はい、と。

しかしこれだけの対価を差し出しても5分とは分が悪い。
ってか厳しいな。
もし失敗すれば希望した世界には行けない。
そして自分の強運も戻ってこない。
そう賭けとはそういうもの。
普段侑子さんの店だと見合う対価を払えば、間違いなく願いは叶う。
それはもちろん賭けではない。
だが今回は賭けだ。
そして賭けになるような形で侑子さんが依頼を受けるのも珍しい。
まぁそれだけ、サクラちゃん達は侑子さんにとっても特別だという事だろう。

侑子さんが言うのだから5分というのは間違いないだろう。
でもそれでも侑子さんは侑子さんのできる限りの事をしてくれるんだと思う。
5分が少しでも上がるように。
もちろん対価を越える事はできなんだけど、気持ちを含める事とかはやはり対価とは関係ナシだと思うし、
それは見えないかもしれないけど力になるんじゃないかと。
この考えも甘いような気もしないでもないですがw

と今回はバトル半分、過去話半分。
ちと萌え分は少なめ。

小狼とヒカルの勝負は今のところ5分ぽいが、このままじゃないわな。
当然負けるわけにはいかないし、ここでも結構な痛手を覚悟しなければいけないかも。

それにしてもオートマタには名前ないのかなぁ。
ランティスの事もほとんどわかってないですし、
今アシュラ王はどうなっているのか。
謎は思い返せばありすぎて、どうなるのか考えるのはやめておいた方がいいかもw
きっとこんがらがるw

そんなツバサは来週お休みだそうです。
うーん、じらすねw
  1. 2007/02/28(水) 21:28:12|
  2. ツバサ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<身も心も捧げてます♪ | ホーム | ヤンマガ・ホリック語り 130回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goworks.blog89.fc2.com/tb.php/31-4d28e0d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。