スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あいかわらずアタマ湧いてますね

今日は風つよかったなー。
いい天気なのに、あれだけ風強いと寒い。
はやく春にならんかね。

さて今日は久しぶりな日本橋へ。

いつもの如くお迎えと、ぶらりと。

そんな訳で今日の買い物。

070311_01.jpg

おとボクDVDも今回で3巻。
話的には少し盛り上がりの欠ける回かもしれない。
まぁ貴子さんがかわいいのでヨシ(ぇ

次の4巻でDVDも最後なんですけど、4巻にはオリジナル編が収録。
これが何度も言うが楽しみだ。
アフレコのコメントでもすごいという事らしい。
何がすごいのかは見てのお楽しみだなw
たぶんどたばたなんだろうけどw

メガマガ。
いつもように出遅れまくりの購入。
なのはさんフェイトちゃんポスター、エロさがたりん!
メガマガなんだからもっと頑張ってくれよ!
マンガ版なのはSSもそろそろなのは達がメインになりそうか。
なのはさんはとりあえず大きくなっても魔砲少女思考でしたw

コミックス版、極上生徒会3巻。
アニメ版はかなり前に放送完結してる訳ですが、
コックス版もこれで完結。
ワタクシかなりの極上生徒会好きです。
アニメ版もめっさ好き。
ありがち系だけどそれがいい。
極上生徒会にはいろいろと思い入れがある。
ガンズの極上生徒会にはかなりお世話になった。
そんな極上生徒会、コミックス版はアニメ版とは細かい所で違う部分もあるようだが。
まだ読んでいないので後でゆっくりと読むとする。

コミック版、わたしたちの田村くん1巻。
出てたのは結構前だが、買っていなかったので今日購入。
ラノベ原作版のファンなのだが、ガオは1話の新連載の時に購入したのみで、
買っていないので内容は知らない。
原作の時間軸とかマンガでどう表現するのか、
期待半分不安半分といったところ。
まだ読んでいないんだけど、読まずにいた方がいいかもしれないと思っていたりw
まぁ後で読もう。

まりあ†ほりっく1巻。
今回ワタクシ的大ヒット。
噂でおもしろいと聞いたので購入。
これはいい!

主人公はヒロインのかなこちゃんでいいのかな。
とりあえず百合っ子wなんだが、念願の女子高に編入した為に不幸へとw
その不幸の原因がもう一人の主人公鞠矢。
一見超美少女に見えるが、実は女装男子。
そして女装して女子高に通っているのだが、
なんか少し立場とか設定がおとボクに似ているような気もする。
だが基本的に違うのは、鞠矢は悪人であるw
まぁ悪人と言うか、性格がすばらしく悪い。
見た目に騙され、美少女大好きかなこちゃんが、鞠矢の正体に気付くところから、
この話が始まるわけですが、
まぁどたばたギャグコメディかなw

とりあえず鞠矢は学校では当然超お嬢様を演じている訳ですが、
かなこちゃんの前だと素で話す。
それがまた口の悪い事悪い事w
なんか大空寺あゆの家でのバージョンに似ているw
かなこちゃんも男がダメなのに、鞠矢の正体知っているのに、
見た目でいつもごまかされたり鼻血吹きまくりでバカですw
そのバカなところがいいんですけどね!

そしてワタクシ的一番お気に入りが茉莉花。
鞠矢に常に付いているメイドさん?
学校へも常に一緒にいるのですが、
この茉莉花、鞠矢に負けない口の悪さw
性格もすばらしく黒いww
主人のはずの鞠矢にも暴言吐きまくり。
会話が非常にデンジャーですw

茉莉花は誰にも遠慮のない言葉を使います。
とりあえずここじゃ書けないw
あと鞠矢に対してもすばらしく暴言連発なのですが、
鞠矢の指示にはちゃんと従います。
そのギャップとかがいい。
なんか主従という感じではないw
なぜこんな性格の茉莉花が従っているのか非常に気になる。

とにかくワタクシは茉莉花を一番に推していきたい。

まりあ†ほりっくかなりお奨め。
読んでもらうのが一番早いw

とりあえずAmazon
 ↓

まりあ・ほりっく 1 (1) まりあ・ほりっく 1 (1)
遠藤 海成 (2007/02/23)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る

  1. 2007/03/11(日) 21:07:30|
  2. 雑記
  3. | コメント:0
<<ヤンマガ・ホリック語り 132回 | ホーム | ずばっとぉ?ぶっとばすぅ??>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。