スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤンマガ・ホリック語り 127回

連続で書いてたら、日付変わっちゃったですよ!w

そんな訳で別記事にした。

127回語りです。
 ↓

 127回

怒りを露わに少女は全然よくならない、酷くなったと言う。

少女は最初言っていたのは、音や気配だけだった。
だが、今度は触ってきたという。

その言葉に侑子さんが現れる。
その姿を見た少女は靴のまま上がり、侑子さんを責める。

ふむ、靴のまま上がるのはよくないね。
それとも少女の家は靴のまま上がるような様式なのだろうか。

一つが二つに、そうして渡した鈴は全然駄目だと。

侑子さんは、それならと鈴のたくさん付いたものを。
確かにこれはからかっているように思われても仕方ないw
だって、基本的になんの説明もしないからね。
訳もわからず、この対応じゃ普通怒るだろうと思う。

その怒りを殴りかかる暴力に出るのは頂けないが。
だがそれくらい怒っているという事だ。
もうひとつ言えばそれだけ本当に困っているとも言える。
追い詰められているといった感じか。

しかしこの少女、ちょっとヒステリックなところがあるようだ。
頭に血が上ると、常識をはずす傾向にあるタイプ。

右手を振り上げ、殴りにかかる少女を見て四月一日も大慌て。
だが侑子さんは、なんなくその手を止める。

そして侑子さんは再度確認するように聞く。
願いは家が怖くなくなる事でしょう、と。

ならばと鈴をと渡そうとする侑子さん。

だがやはり納得できない少女。
まぁこの辺りも普通納得はできないだろうなぁと思う。
侑子さんはやはり何も語らないんだものw

しかし、それで願いは叶うと、有無を言わせないその対応。
なんともすさまじい威圧感とでもいいますか。
説得力はないと思う。
だけど反論もできないと思うwww

少女は納得できないが、受け入れるしかないと判断した様子。

四月一日も訳がわからないといった感じ。
なんと言っても、四月一日は人がいいからね。
心配なんだろう、その少女が。
だから、二人のやりとりに困っている。

そしてやはり悩んでいるようだ。
縁側にいる四月一日に、浮かない顔だねという声

久しぶりの登場、遙さんw
うっは既に夢の中カヨw

怪我はもう良いようだがと、四月一日の顔にやさしく触れる手。

あのー、普通こういう触れ方するもんでしょうか?w
この一コマで様々な妄想が生まれてそうです!!

四月一日はふと思い出したように、お礼を言う。
そう死の淵から助けてもらった事を。

しかし、遙さんは、四月一日が生きている、そして再び夢で逢えた事、
それが一番の礼だと言う。

まぁ本心だろうなぁ。
だけど、このセリフはなかなか言えないぜw
大人だよなぁw
これが大人の魅力ってやつですか?w

そして遙さんが現れた時はいつも相談している気がする。
今回もあの少女の事を話している。

夢でまで悩むって事は相当気になるんだな。

ならばと、遙さん。

行ってみるかい?その子の家に、と。

ちょwそんなあっさりと言う事ですか?ww
しかも、四月一日の返事がないうちに、はいとんだ!!wwwww

遙さん無茶しよんなw

そして四月一日しっかり、椅子に座ってるよ。
確かに座るものがなかったら、空気椅子状態なんですけどね!

いきなり目の前が変わって、少女が寝てます!!

寝てます!!

寝顔ですよ!寝起き訪問ですよ(マテ

ってか、裸とかだったらとんでもない事になってると思うんだがw

遙さん曰く、夢は繋がっているから、夢から夢へと移動して出てきたと言う。
ようするに、

なんでもありか?w

しかも、自分達は夢の中の存在だけど、目の前は現実で、
自分達は見えも聞こえもしないんだそうな。

益々もって、なんでもありか?ww

これってさぁ、ワタクシみたいなやつだったらいけない事しちゃうよ?(ぉ

とりあえず、遙さんのようにもう既にこの世の人ではない存在ならいいだろうけど、
四月一日みたいにまだこの世の存在で、しかも知ってる女の子のところに、
こんな形で来るのはまずいだろう?

実に幽霊的状況な訳ですが、四月一日もさすがに混乱してるなw

そして少女の寝起きです(ぉ
変な夢を見たような、とか言ってますがww

どう見ても四月一日達が原因だろう?

目を覚ました少女がまず目にするのは、あの鈴。
なにげに触れようとすると、鈴が落ちてしまいたくさんの鈴の音が。

と、その時足音が、四月一日にもはっきり聞こえる。

その音に怯える少女。
やっぱり駄目じゃない、と怒りも見える。

そして扉の向こうに来た足音。
少女が振り返ると、扉が開いて。

うーむ、まったくわからん。
正体が予想できん。

とりあえず、恐怖の正体はわからんが、
侑子さんと少女の解釈には違いがあるように思う。

まず少女は家が怖くなくなるのが願いだが、
実際のところ家ではなくて、音や気配がなくなる事が願いなのではと思う。

それに対して、侑子さんはわかっているのだろうけど、
音や気配がなくなるような対応はしていないのではないだろうか。
侑子さんは言葉どおり、家が怖くならないようにと対応しているように思う。

もちろん、音や気配がなくならなければ、少女は恐怖が消えない。
だから家が怖くならないようにはできていないように思えるが、
実際は最初から家が怖い訳ではないという事であれば、
成り立つのかもしれない。

しかしそれも少し違うような気がする。

やはり正体がわからないままでは、謎が残っていて話が捉えにくい。

それともやはり音や気配がその鈴によって、変化するのだろうか?
酷くなったと言うが、それは確かなのだろうか?
まぁ魔よけの鈴とか言うし、効果はあるとも思えるが。

もしかしたら家が怖いのではなくて家の人が怖いのかもしれない。
これだけかわいい少女だ。
親が変態だとしたら、これほど怖いものはないだろう。
実の娘をそういう目で見るとか、そういう類。
寒気がするが、CLAMPさんだと取り上げそうな内容な気もw

なんにせよ、次号見ないとこれ以上は予想も出ないわw

それにしても今回はツッコミどころ多くてよかったわ(ぉ
突っ込める方が、語りやすいものw

しかし遙さんの出番結構多いよな。

なんで、小羽ちゃん出てきませんの?w

  1. 2007/01/23(火) 01:05:15|
  2. xxxHOLiC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<休みはまだか!? | ホーム | ヤンマガ・ホリック語り 126回>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://goworks.blog89.fc2.com/tb.php/7-eca5b29a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。